ナオミとカナコ 最終回のネタバレ!逃亡できず李社長と林竜輝も逮捕される結末?

2016/03/18
加奈子が取調室から出るように言われます。今回の取り調べは任意同行だったことから拘束力がなかったことからなんと李社長が手配した中国人弁護士が来ていたのです。

刑事には翌日の朝9時に再び来るように言われ中国人弁護士は「モチロン、お約束シマス!」と。

ホテルで直美と加奈子が再会、抱き合います。そして、李社長も現れ中国人弁護士に30万円の報酬を渡し追い返します。

李社長の自宅に招待される二人。

警察のご飯はまずかったでしょうと美味しい肉まんを振舞う李社長。李社長も警察のご飯を食べたことがあるようです。

二人は肉まんを美味しそうに食べ笑顔がこぼれます。

李社長は何で警察に捕まったんでしょうかね。まあ、怪しいちゃ怪しいですからね…。いろんなこと経験してそうな雰囲気。

スポンサードリンク

李社長はこう言います。

「女二暴力ヲ振ルウ男価値ガナイ、コロシテシマイナサイ。私、ソウイイマシタ。

マチガッテナイネ。自分ノ人生守ルタメノ嘘ヤ策略、スベテ正当防衛。デモ捕マラナイ方法考エナサイ。自分ノ人生切開クタメ二踏ミ出シタ。捕マッタラ自由ナクナル。コロスマエヨリ人生ダメナッタラ絶対ダメ!」

そして二人に上海行きの飛行機のチケットを渡します。そして李社長の友人を訪ねと。水がとても綺麗なところ。ここで子供を産めば安心と。

李社長は中国語で「人生コレカラ!」と。そして「アナタタチ、ワタシノ妹。家族守ルコト当タリ前ノコト!」と3人、抱き合います。

広末涼子さんがマジ泣き。すごいなー、この3人の演技。演技中に吹き出すってコトないんでしょうかね。高畑淳子さんが真顔で中国語なまりの日本語を話してるんですよ。

李社長の言ってた「イイ匂イネー」ってアドリブか?

李社長が会社に戻ると陽子が訪ねてきました。

林竜輝を不法滞在させていたコト、など不利なコトを言う陽子。そして、二人の犯罪に加担するのか、会社を誰かに受け渡すコトになると脅すのでした。

翌朝、直美と加奈子はホテルを出てタクシーで成田空港に向かおうとすると陽子の姿が。

直美「私たちがどこに行こうと勝手です。」
陽子「そうね、遺体が発見されれば逮捕状が出る。時間の問題よ」

二人はタクシーに乗り込みます。行動が読まれていることを不審に思う二人。李社長から電話がなり陽子が来たことを知ります。

李社長の元に誰かが訪れます。

これ、誰が来たんでしょうか。林竜輝なのかな?

警察はついに達郎が埋まっている場所を突き止めるコトに成功。使用した車のナビに走行履歴が残っていたのです。そして、警察犬を導入して捜索が開始されることに。

空港に着く直美と加奈子。ゲートに向かうと陽子の姿を見かけます。やはり、行動が筒抜けになっていると感じる二人。そこに林竜輝が二人の前に現れます。実は加奈子のスマートフォンにGPSアプリを仕掛けられており行動が筒抜けになっていたのです。

林竜輝が加奈子のスマホを預かり、陽子らを惑わすことに。

そして成田空港から出国は難しいと判断した林竜輝は羽田空港から出発するチケットを二人に渡します。

林竜輝「逃げ切ってください。そして紹興酒を飲みに来てください」

二人はタクシーで羽田空港に向かうことに。

やっぱり林竜輝が李社長の元に訪れて羽田発のチケットを準備していたのかな。自分が日本に戻ってきたことでこんな状況になったことを知って罪悪感を感じていたんでしょう。

てか、土壇場になって手際が良すぎるのが気になる。こんなにスムーズに事が進むものか。

陽子のスマホに連絡が入り山中から達郎の遺体が発見されたと。

陽子は「アーーーーーーーー!!!!」と絶叫。

身元確認のために山梨県警に同行してくれと言われますが、直美と加奈子が出国しようとしていることから逮捕状を早く出して欲しいと、そして羽田空港に向かうことに。

迫真の演技ですね…。体が震えているよ。

羽田空港に到着する直美と加奈子。

搭乗を待っている二人。加奈子は私のために巻き込んでしまったことを涙して謝ります。

直美「あのままだったら加奈子が殺されていた、そうなったら絶対に後悔していた。私たちは絶対にやってはいけないことをした。一生背負って罪を償う必要がある。私、後悔してない。」
加奈子「ありがとう」
直美「逃げよう、そして生きよう」

搭乗ゲートに向かう二人。そして出国審査。先に加奈子が通過し笑顔を見せます。

その頃、陽子らと警察が羽田空港に到着。すでに搭乗手続きが始まっていることから焦ります。そして直美が出国審査を受ける番に。なぜか係員がこのタイミングで交代、さらに電話がなって、係員が直美のことをジッと見ます。

止められるのか…

と諦めかけ瞬間、パスポートにスタンプが押されて無事に通過。

これ、何だったんだろう。普通に係員交代すればいいのにジロジロ見てさ。電話鳴るのもタイミングよすぎだし。

あ、広末涼子さんが可愛いからか(笑)

出国審査を通過して喜ぶ二人、そして搭乗ゲートに向かいます。

一足遅かった陽子は崩れ落ちます。そして逮捕状が降りて空港警察も指導。陽子は「磯ゲーーーー!」と絶叫。

笑顔で歩く直美と加奈子。
二人を追う警察官一向。

笑顔で歩く直美と加奈子。
二人を追う警察官一向。

二人の笑顔は絶頂に。
….

陽子が微笑します。(そしてサイレン)

….終わり。

スポンサードリンク

感想

続きあると思って次期ドラマの予告までしっかり見てしましましたよ。これで終わったんですね。。。

まあ、これは捕まったんでしょう。

原作小説は逃げ切ったことになっています。でも、その後が描かれていないので原作でも中国に行ってからどうなったかは不明。

ドラマ版は確実に捕まったでしょう。だって、まだ飛行機も飛んでいないわけですし、犯罪者が飛行機に乗っているってなると離陸許可も降りないでしょう。最後は捕まったと考えるのが自然なのかなーって思いますね。

なのであんなに焦って追う必要もないんじゃないか…って思うんですよね。

補足として飛行機に乗るとどこの国の法律が適用されるか。これは飛行機が在籍している国の法律が適用されるそうです。直美と加奈子が乗った便は「SJA231」という便で(見返して確認しました…)実際にない便ですが「JA」が入っていることから日本在籍の飛行機であることは予想できます。

つまり飛行機に乗り込んだとしても日本の法律が適用されるので逮捕可能。仮に飛び立ったとしても上海の空港で協力を求めて身柄を拘束することもできるでしょう。

まあ、あえて曖昧にしたのは原作の終わり方の雰囲気を残すつつテレビドラマだから、凶悪犯が捕まらないで逃げる終わり方は如何なものかということで、こんな曖昧な中途半端な最終回になったのかなと。

でも、個人的には悪くない終わり方だと思いますけどね。見る人によって感じ方は違うでしょうし、想像力が掻き立てられます。

あと、気になったのは林竜輝と李社長がどうなったか。

二人は確実に直美と加奈子の手助けをしたことになります。罪に問われることは間違いないですよね。まあ、二人に比べたら罪は軽いのかもしれませんが、李社長は日本でビジネスはできなくなってしまうのは確実なのかなー。

ってことは李社長を見ることはもうないのか…。李社長ロスになってしまう。

みんなはどう思ってる?【アンケート】

二人が「逃げることができた」と思ったか、「逮捕された」と思ったか皆様からアンケート取ります!どちらか選択するだけで投票できます!結果は投票後に表示されます。

直美と加奈子は逃げられたと思った??

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします