不機嫌な果実 6話ネタバレ!麻也子と通彦が結婚に向けて動き出すも泥沼最終回に?

2016/06/04
麻也子が懸命に看病をしているので、隣にいるブライダル会社の社長の早苗は「不倫をするような人もいる今のご時世にこんなに思いやれることができる夫婦は珍しい」と大絶賛され、航一はまんざらでもない表情。

麻也子はリンゴを剥くために病室を出て行きます。航一がまたしても不敵な笑み…。

その頃、玲子は麻也子の法律事務所に…。

通彦は再び航一のお見舞いにやってきて「良い奥様ですね。お二人は本当にお似合いの夫婦ですよ。」と褒め称えます。その会話を外から聞いてしまった麻也子、廊下で「ご主人、お大事に。」と言われてショック。

通彦を追いかけますが「やっぱり許されないんだよ。」と言われてしまいます。麻也子は「待つって言ってくれてたじゃない!」と言いますが航一の笑顔を見た通彦の気持ちは変わってしまったようです。

通彦はなぜお見舞いにわざわざ訪れたのだろうか。

航一の姿を見て麻也子を必要としているかどうかを見極めたかったのかな。そして、航一の笑顔を見て麻也子への思いを断ち切ってしまう。これが全て演技だとは誰も見抜くことができないのか….。

スポンサードリンク

翌日、久美が一人で花束を持って航一の元にやってきてカーテンを閉めます。

航一「ああ…どうも。」

不倫していた時の写真を突き出して「思い出して!私のこと!私と航一さんは私と愛し合っていたの!」と言い放ちます。

航一「嘘だ…そんなの絶対嘘だ…!」

久美は航一に無理やりキスをし思い出させようとし、耳たぶを噛みます。すると航一は「やめろよ!出て行ってくれ!」と激怒。

久美「航一さん、記憶が戻ってる?もしかして記憶喪失も嘘?耳たぶ噛まれるの嫌いでいつも辞めろよって。ティッシュで拭くのもそう。今、久美ちゃんって呼んでくれたよね?やっぱり記憶喪失なんて嘘なんだよね?麻也子の気を引くためなんでしょ?」

カーテンが開きます。そこに麻也子の姿が。

麻也子「記憶喪失じゃなかったの?」
航一「ち…違うんだ!」

麻也子「久美…信じられない。あんなに不倫を否定していたのにまさか航ちゃんと。」
久美「もう、一年になるの。ゴメンなさい。」

しかし、麻也子は「謝らないで、これで楽になれる。もう苦しまなくていいんだから。さようなら。お幸せに。」と言い病室を出て行きます。

航一は「こんなにも愛してるのに…」と泣き崩れます。

久美が航一の狂言を見破った。さすが。航一もヤバイですけど久美も相当ヤバイ。ヤバイ者同士、上手いこと行くのではないかと思ってしまいましが。

これで正々堂々と離婚をすることもできるし、物語が一気に最終回に向けて動き出すでしょうか。

麻也子はそのまま通彦の自宅に行き「もう離れない、ずっと一緒にいる。家にも帰らない。だから私を離さないで。」と抱き合います。

通彦「離さない。絶対。一緒にイタリアに行こう。」
麻也子「約束ね。」

一方、玲子は麻也子の勤めている法律事務所に度々訪ねて「どうしても息子に会いたいんです!」と助けを求めています。その頃、何者かが玲子のホームページに誹謗中傷のコメントを多数書き込んでいます。

麻也子と通彦は実家に行って両親に会って結婚をして一緒にイタリアに行くことを報告したい言いますが「まだ離婚してないし…嫌じゃないけど。」と、両親に会うことを決断。

航一は無事に退院し家に帰りますが、そこには麻也子の面影はもうありません。

麻也子は通彦の実家を手をつないで訪ねますが、緊張でシャックリが止まりません。

父親が登場し「こんな綺麗な女性と結婚とはね…どうか通彦をよろしくお願いいたします。」と。そして母親が登場。見上げるとそこには見たことある顔が…。なんと、航一の病室で出会ったブライダル会社社長の早苗の姿が..。

早苗「知ってる…。どうしてあなたが?」

スポンサードリンク

感想

せめて離婚をきちんと終わらせてから通彦の両親と会うべきだったかもしれませんよね。というか、工藤通彦と母親の田中早苗。苗字が違うのは何故なんだろうか。父親と離婚をしているのか、それとも事業は旧姓で活動をしているだけなのかな?

まあ、事業をしている女性はよくありがちなことなのかもしれませんね。

記憶喪失が嘘だったことがバレてしまった航一は次はどんな手段を取ることになるのでしょうかね。

さすがに次回の第7話が最終回なので、何もしてこないかな。まあ、最終回は野村健吾(成宮寛貴)も再登場するみたいだし、玲子の誹謗中傷のコメントもおそらく茂がやってるんでしょうし、泥沼の展開が続いて終わるような予感しかしませんね。

どんな最終回になるのか非常に楽しみです。

■アンケート

不機嫌な果実の感想は?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします