ON異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 4話ネタバレ!比奈子の過去が明らかになり闇が深そう。

ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子

ドラマ「ON異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」の第4話、藤堂比奈子(波瑠)の闇の部分も徐々に明らかになってきましたが、想像以上にその闇は深そうな感じですね。本当に下手したら犯罪者になりかねない感じです。

そして、心療内科医の中島保(林遣都)との関係はかなり良好になってきました。と同時に、中島の闇の部分も少しずつ明らかになってくるなど、なかなか面白い展開になってきました。

スポンサードリンク

基本的には原作の第1作となる「ON 猟奇犯罪捜査官藤堂比奈子」で描かれていたストーリーが大きな柱となっており、同時に違う事件が混ざりあっていくというスタイルが取られており、原作を読んでいる方に取っても楽しめるようになっていると思います。

ただ、藤堂比奈子のキャラ設定が相当変更されているので、そこに拒否反応を示す方も多いみたいですけどね…。

ON 4話 ストーリー(ネタバレ)

藤堂比奈子(波瑠)と吉田佐和(中島亜梨沙)は佐藤都夜(佐々木希)に拘束されてしまいました。

都夜は美しい女性の肌を剥いでマネキンに貼り付けるという異常行動をしていることが明らかに。都夜は比奈子の白くて綺麗な皮膚を剥いでやるとハサミをチョキチョキし脅しますが、衝動でやると後始末が面倒になると冷静になります。

美人でモデルもしていた都夜がなぜ綺麗な皮膚を求めているのか。モデル時代にストーカーされた男に硫酸を全身に掛けられたことで背中の皮膚が爛れてしまっていたのです。

「じゃあ、そろそろ処理を始めましょうか。」

そう言って都夜は佐和の元に近寄っていきます。そして、あと数年経ったら娘の吉田遙香(住田萌乃)の皮膚も剥がして張ってやると、サイズが小さいからもう少し大きく育ってからにしてやると言うのでした。

「醜い…。醜いと言ったんです。背中の火傷以上に。他人の皮を剥いでどうにかなると思っている感覚に。完全な自分になれるわけないじゃないでしょ。本気でそう思っているなら滑稽ね。あなたの狂気のスイッチが入ったきっかけ、それは生まれつきなのか、それとも初めて人を殺した時なのか、硫酸をかけられて夢を奪われた時なのか。」

比奈子は自分で腕に縛られた紐を持っていたナイフを使って解きます。

「興味深い。」

感情的になった都夜はハサミで比奈子を一刺し。

「そう、その顔を見たかったの。」

比奈子は動じることなく持っていたナイフを使って都夜の顔に切りつけ反撃をするのでした。そこに、東海林泰久(横山裕)と中島保(林遣都)が中に入ってきて都夜を押さえつけるのでした。比奈子はそのまま気を失ってしまいます。