ON異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 5話ネタバレ!中島保の本性が明らかに!

ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子

ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」もいよいよ第5話。原作1作目となる「ON 猟奇犯罪捜査官藤堂比奈子」の中島保に関するストーリーが今回で一応完結することになります。かなり違う形で完結することになりましたが、なかなか面白かったのではないでしょうか。

一つ残念だったのは藤堂比奈子(波瑠)と中島保(林遣都)が結ばれることがなかったことでしょうか。比奈子は少なからず想いを抱いているような雰囲気を出していましたが、原作のように一線を越えることがありませんでしたね。まあ、今ノリに乗ってる波瑠さんですからねー。そのシーンは無理だったか。ということで、第5話の振り返りです!

スポンサードリンク

第5話のストーリー(ネタバレ)

飴玉を口に詰め込まれた女子高生の遺体が発見されます。

この状況は、まさに5年前の事件と類似していました。しかし、飴玉を詰められていたという情報は伏せていたことから模倣犯だというのも違和感を感じます。藤堂比奈子(波瑠)は遺体の手首を見てリストカットの後があることに気付きます。

巷で噂の猟奇自殺ではないかという疑いも出てきますが、この状況を見てさすがにそれはないだろうと。

その頃、中島保(林遣都)は5年前に不動産探しをしていた時に遭遇した女子中学生が飴玉を詰められて死んでいた姿を思い出して苦悩しています。

比奈子はタバコを吸っている石上妙子(原田美枝子)の元に。

「死神なんて呼ばれてるけど、こんな日は気が滅入るは。未成年の時は特にね。親御さんの気持ちを思うと。」

比奈子は石上に子どもがいるのかどうかを聞きますが、「いない、でも結婚は一度だけ。あれは面倒だったわー。」と言います。

ちゃんと、人としての感情があったんですね。毎日のように検死していたら普通の精神の持ち主じゃないだろうなーって思ってましたけど。

捜査本部では捜査状況を報告しあっています。捜査は片岡班が中心で行われることに。そして捜査協力として中島保に白羽の矢が立つことになり、厚田巌夫(渡部篤郎)と比奈子は中島の元に行ってお願いをします。

「これは僕が5年前の事件の第一発見者だからですか?」

比奈子はこの事件でトラウマがあるのなら無理にお願いすることはできないと言いますが、中島は「大丈夫です。」と快く引き受けたのでした。そのあと、二人きりになり中島は「僕のことを心配してくれたんですね。こないだのキャンディーを見た時の..」と。

「データを読み込んでいたのに気づきませんでした。5年前の事件に中島先生が関わっていたことに。」

中島はアパートを探していた時に女子中学生の遺体を見て気を失い人生が変わってしまったのだという。まさか、同じ事件が起きるとは思わなかったという。比奈子は同じような事件は長期間空白をあけて発生することがあるのだという。

「犯人はその間、どんな思いで生きているのか。犯した罪に震えながら生きているのか、それとも舌の上で飴を転がすように余韻を味わいながら静かに次の犯行を夢見ているのか…。やっと、それがわかる。僕は待っていたんです。5年前の悪夢と向き合うことに。」

比奈子はこれまでこの事件に関してプロファイリングをしたことがあるかどうかを聞きますが、「プロファイリングは」したことがないのだという。

この時点で中島の怪しさは滲み出ていますよね。少しずつ本性が明らかになってく感じがなんとも…。

中島がハヤサカメンタルクリニックに戻ると、予約をしていない久保という男が来て受付が困っています。

すると院長の早坂雅臣(光石研)がやって来て驚いたような顔で「君…どうして?…とにかく、私の部屋へ!」と言い、連れて行きます。この状況に不審に思う中島でした。

その頃、比奈子とガンさんは石上に女子高生の死因について聞いています。状況が5年前と似ているが傷のつけ方に違うのだという。このことから同一犯ではない可能性もあるのだという。

石上は面白い研究論文を見つけたのだという。

「ネグレクトによる脳発達への影響」

幼少時に愛情を与えられなかったことで犯罪を犯してしまう人間の脳を外側からいじることができないかという研究。この論文を書いたのはハヤサカメンタルクリニックの院長の早坂雅臣と、中島保。しかし、この研究は倫理的な問題があったことから途中で頓挫したのだという。

刑務所にいて自分で死んでしまった鮫島のカウンセリングをしていたのが中島だということが「なんか引っかかるのだという。」

東海林泰久(横山裕)から電話が掛かってきます。

「明日、早坂に話を聞きに行くぞ。ガイシャ(戸川京子)のリストカットの原因はいじめを受けていたことで心療内科のハヤサカメンタルクリニックに通院していたんだ」

次々と共通点が浮き彫りになっていきます。

これだけハヤサカメンタルクリニックに共通点があれば疑うのも当然ですよね。

というか、もっと早くこのことに気づかなかったのか。そう考えると、警察は何を捜査しているのだろうと思ってしまう。

キャンディーの包み紙が舞う部屋に、中島と比奈子の姿が。

「藤堂さん、あなたの記憶もよくこの場所に?」
「ええ、何度か。一課に配属されてから、この事件が一番興味深かったので。」

「では、この部屋の匂いも音もわからないんですね。僕は全てを記憶している。この部屋に満ちた血とキャンディーの甘い香りが混ざった匂いも。死んでしまった彼女の叫びも。」

「叫び?」

「感情のないあなたには分からない。5年経った今も、僕には聞こえる。」

すると玄関に人影が…。

「ああ..やっと来た。」

中島は腕時計を外して「どいてください、藤堂さん。」と言います。玄関には誰もいなくなっています。七味を見つけた比奈子はそれをつかんで目を覚ますのでした。

毎回お決まりの比奈子の夢の世界。今まで夢に出てきた人物が犯人であることが多かったですが、ついに中島保の姿も出てくるようになったか。

比奈子は夢だけで犯人を言い当てることができる能力を持っているのではないだろうか?

比奈子と東海林は早坂院長の自宅を訪ねます。

心療内科を受けていたという戸川京子は2回ほどハヤカワメンタルクリニックに診察を受けたことがあるという。そして5年前の女子中学生事件の第1発見者が中島であったこと、今回の事件は同一犯である可能性があるのだと説明をします。

そして、猟奇自殺で死んでしまった5人について中島や早川が関わっていることを追求します。

「このような偶然はあり得ると思いますか?」

「…ありえないだろうね、普通。」
「では、やっぱり。」

「君たちが中島先生や僕が犯人であると疑っているのは分かった。だがどうやって?」

比奈子はネグレストの研究論文のことを持ち出しますが、あれはネグレクトの子供の治療するための研究だとし、今は潜入という新しい方法を試しているのだという。潜入は対象の意識化に潜って精神を同一化させる、相手が犯罪者であればより鮮明に犯罪者の心理が分かるのだという。

「私が望んでいるの犯罪のない平和な世界。警察に疑惑を向けられるような恥ずかしい生き方はしていない。」

東海林は「神の裁きってあんたの仕業じゃないのか?」と言いますが「そう思うのなら、証拠を持ってきてくださいよ」と返されてしまうのでした。

何言ってるのかワケワカラン。難しい。つまり、洗脳の一種と考えてもいいのかな?

比奈子は中島のことを心配して電話を掛けます。しかし、中島は電話にでません。

鑑識によると飴玉の製造時期にかなりバラツキがあり、犯行をするためにコツコツと集めていたのではないかという。捜査本部の会議に出ている比奈子は中島にメールをします。

その夜、比奈子の元に中島から連絡が入ります。

「今日、ハヤサカメンタルクリニックに伺ったんです。早坂先生にお話を伺ったんです。先生にもお話を伺いたいのですが、5年前の事件の犯人に潜入されたことは?」

この間、聞いた時はプロファイリングはしたことはないと言っていた中島。しかし、プロファイリングと潜入は違うことを知った比奈子は「それってとても危険なことですよね?」と聞きます。

「とても危険です。でも…なんでもありません。」
「私、昨日中島先生の夢を見ました。」

「素敵な偶然ですね。藤堂さん、明日の朝メールを送ります。そこに住所に行ってみてください。」

電話を切った中島。アパートにはハヤサカメンタルクリニックに来ていた怪しい男が座っていました。

中島も同じ夢を見ていたということ?もしかしたら、比奈子に対しても何かをやっていた可能性があったりして。

スポンサードリンク

翌日、比奈子は中島からメールがあった住所を尋ねます。

中島は早坂院長に電話を掛けます。この間、クリニックに来ていた久保という男が5年前の事件の犯人であるという中島。1年前から早坂が確保して殺人衝動を抑えながら時期を待っていたのだという、世間に神の裁きを印象付けるために。

被害者の高校生も早坂が仕組んだものだという。

「これは僕に対しての裏切りだ。久保は僕の手で始末する。彼の自宅はもうわかっていますから。」

電話を切る中島。

中島に言われて比奈子が行ったところには拘置所で鮫島を担当していた元刑務官の姿が…。

犯人だった男を出頭させずに早坂院長が匿っていたということか…。自らの興味のために人の命を軽く見過ぎですね…。

そして、いよいよ中島が動き始めました。

早坂は中島のアパートに行きます。しかし、中島の姿はなく「久保はどこに行った!」と電話を掛けると和室にいるのだという。和室に向かい押入れを開けるとキャンディーが大量に。そして久保が現れて早坂はナイフで刺されてしまいます。

「一晩かけて再潜入しました。あなたが1年掛けて築いてきた信頼を僕が書き換えた。」
「…裏切り者。」

元刑務官は比奈子に言います。

「早坂先生は夢想家で性善説の人でした。

成長の過程で悪に走ると考え、罪を憎んで人を憎まずということに固執しすぎた。だから許されざる罪を犯した人間の救済を求め始めた。本当に改心するのであれば彼らは死ぬことはないのだと。実験がうまくいけば彼らに仕掛けをすることで罪をする人間はいなくなると。

しかし、中島先生は違った。

彼にとってそれは復讐だった。早坂先生は理論しか知らなかったが、設計をした中島先生は知っていたんです。殺人を犯した記憶を持つものに使用すれば必ず死ぬと。

完成していたんです。外部から脳内に腫瘍を作れる装置が。強力な電磁波で腫瘍を発生させる。あとは殺人の記憶を発生させればスイッチが押される。裁いたのは神ではなく中島先生なんです。」

早坂院長が飴玉を口に詰められて死んでいるのが発見されます。

電磁波を使って脳腫瘍を作って、それをスイッチにしてしまう。完全に神の領域ですね…。結局のところ早坂院長よりも中島の方が数枚も上手だったということか。

比奈子は中島がいる5年前の女子中学生が犠牲になったアパートの元に向かいます。中島は久保にどうして女子中学生を殺したのかを聞きます。

「ずっとやってみたかった。人間の解剖。」

中島は久保の頭に向かって身につけていた腕時計を向けています。

比奈子がアパートのドアを開けると中島と久保の姿が。久保が比奈子のことを警察だと知るとナイフを中島に向けますが「ころせばいいだろ?」とスイッチを入れます。

久保は比奈子に向かってナイフを向けますが、突然自分自身を見るという幻覚を見てしまい自らキャンディーを口の中に入れ、自らナイフで腕を刺していきます。

比奈子は久保の行為を止めようとします。しかし、中島は比奈子を押さえつけて「見てみてよ!これが殺人衝動が自分に向く瞬間だよ!興味深いでしょ!ちゃんと見ててよ!」と。

「この腕時計…。」

「そう、殺人の快楽を自分自身に向けるためのスイッチです。僕は犯罪者の心の闇に触れてきた、その救いようのない魂の軋みとその中に閉じ込められた被害者たちの叫びを聞き続けてきた!そしたら、僕の中に奴らを被害者と同じようにしてやりたいという想いが生まれ始めた!」

中島は加害者に接することで腕時計を使ってスイッチを作っていたのです。そして中島は加害者と同じ殺人者であることを認め涙を流します。

そして、比奈子に対して「その手はまだ汚れていない。そのことを忘れないで。」と言い自ら銃を頭に向け発砲。と、その銃声は東海林が発砲したもので中島の自殺を食い止めたのでした。

「不思議です。私はあなたのその顔だけは見たくなかった。そう、思うべきだと。」
「…思うべき。なんですね、やっぱり。」

中島は逮捕されます。

その後、中島は精神鑑定で病院に移されることに。実質的には加害者は全員自害しているので中島が罪に問われるかどうかは議論されることに。

ガンさんはどんな人間でも加害者にも被害者にもなってしまう可能性があるとし「その現実が強くて子供を持つ勇気がなかったよ。」と。比奈子は結婚したことがあるのかを聞くと過去に一回だけしたことがあると言い「あれは、面倒くさかったなー」と。

スポンサードリンク

感想

逮捕されても罪に問えるかどうかは難しいですよね、この問題は。直接的に中島が手を下しているわけでもないし、腕時計から発せられる電磁波で脳腫瘍ができるのかどうかも立証しないといけないでしょうし、そうなると誰を実験台にするのかという問題も出てきそう。

今後も比奈子との関わりは出てくると思いますが、どんな関わり方をするのか非常に楽しみですね。そして、比奈子の感情が生まれることがあるのか、次回第6話で折り返し地点となる「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」ですが、どんな展開になるのか。個人的には原作は1作品目しか読んでいないので、ここからの展開がどうなるのか本当に楽しみ。

■アンケート(投票後に結果を見れます。)

ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子の感想は?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします