ドラゴンボール超 71話!悟空がヒットに暗殺され、悟飯「初めてじゃないけど、ショックです」

ドラゴンボール超 71話「悟空死す!絶対執行の暗殺依頼」でまさかの展開。悟空がオープニングから死んでいる…。何があったのか?!

スポンサードリンク

暗殺といえば第6宇宙のヒットはです。以前にシャンパ編の宇宙一武道会で登場したキャラクターです。得意技は「時飛ばし」で時間を一時的に停止されることができるというもので、悟空もこの技にはかなり手こずりましたが、「時飛ばし」を先に行きヒットを倒しました。

そんなヒットが何者かに暗殺依頼を受けて悟空の前に再び姿を現すというのが、今回の71話のストーリーです。日常回なのかなーって思ってたら1話完結ではなく続くようですね。

悟空は今までに何度も死んでいるので、すぐに生き返るんだろうなーとは思うんですけど、72話の予告編のナレーションをしていた孫悟飯の「父さんが死んだのは初めてじゃないけど、ショックです。」の言葉はウケます(笑)

ドラゴンボール超 71話 あらすじ(ネタバレ)

悟空はここ数日間、様子がおかしくご飯もまともに食べません。常に気を張っているようで、ゴキブリが3匹出てきたことに対しても敏感に反応をしています。

「この頃の悟空さはなんか変じゃねーか?ご飯はとろとろ食べるそ朝から道着も着てるし」
「いや〜、これには訳があってな…!」

悟空は何か気配を感じ、玄関に飛び出ると郵便屋さんが…。

「どど…どうも〜」

その頃、ベジータはビルスの元でウイスに修行をつけてもらっています。そこにビルスがやってきます。

「おい、ウイス。孫悟空は強くなってるのか?最近、あいつ修行に来ていないじゃないか。一体、何をしてるんだ?全王様の思いつきでいつ武道大会が始まってもおかしくない!!あいつは第7宇宙の大将なんだ!」

(カカロットが第7宇宙の大将だと…?)

「まあ、地球で修行でもなさってるんじゃないでしょうかね?」
「何、呑気なことを言ってるんだ!ウイス、お前が責任を持って悟空を鍛えておけ!!」
「かしこまりました」

ベジータはウイスが何かを知っていることを察知します。

「カカロットのやつが本当は何をしているのかを知っていますね?」
「…いいえ、知りません。」

ベジータはウイスに「やはり、あいつは何か特別な修行をつけているんだな!」と言い、ベジータは自分にも同じ修行をさせろと言います。しかし、まだ修行が足りないのだというのでした。

悟空は買い物中も目をつぶり気配を感じながら歩いています。様子のおかしい悟空を見た悟飯と悟天は変装をして付けています。

「どこだ?どこだ?どこだー!?」

悟空は誰かを探しいるようです。悟飯と悟天はあまりにも様子のおかしい悟空を夕食に誘い聞き出すことにしました。

「いやー、美味かったな!!」

「父さん、ちょっといい?」
「そういえば、お前ら街でオラのこと付けていただろ?」
「気付いていたんですね。一体何があったんですか?教えてください。」
「…チチには絶対に内緒だぞ。実は…オラ、命を狙われているんだ。」

これってウイスがヒットに悟空の修行のために暗殺依頼したってことなのかな?ウイスは絶対に何かを知っていますよね。

ヒットは第6宇宙のフロストのいる星を治めている主席の屋敷に向かって歩いています。「時とばし」を使って、誰にも気付かれずに屋敷の中に潜入し、あっという間に主席の元にたどり着きます。

「お前は誰だ?」
「ヒットだ。」
「ヒット!?伝説の殺し屋?何をしている、こいつを殺せ!お前たち、聞こえないのか?」
「無駄だ、お前と俺以外の時は止まっている。」

ヒットは一瞬にして主席を暗殺し、首に付いていた宝石を持って去っていきます。ヒットは墓石の前にいます。

「次のターゲットは…」

ヒットが手にしている宝石から悟空のホログラムが…。

悟飯は悟空を見て命が狙われている食欲ではないと思います。ピッコロは様子のおかしい悟飯に悟空に何があったのかを聞きます。

(ん、いよいよ来るか。この戦いは誰にも邪魔されたくね。付いて来い、ヒット!)

悟空はその場かた立ち去っていきます。

「悟空が命を狙われている?」
「はい。」
「でも、奴の命はそう簡単に狙えないはず。」
「狙っているのはヒットさんです。」
「何!ヒット?!」

ピッコロらは悟空がいなくなったことに気付きます。

「さあ、出て来い!ヒット!!」

(あの岩の裏。ヒットの気を感じる。)

「来い!」

悟空はスーパーサイヤ人ブルーに変身。すると、背後にヒットの姿が。

スポンサードリンク

その頃、ピッコロらは悟空の気が感じなくなったことからスーパーサイヤ人ブルーに変身したことを察知。悟飯、ピッコロ、悟天の3人は悟空の元に急ぎます。

「ん?」

「お前を殺すように依頼された。」
「そんな簡単に後ろを立たれるとはな。この1年間、結構鍛えたんだけどな。」
「死んだことにしてやるから姿を消せ、もしそう言ったらどうする。」

「そんなんお断りだっていうさ。」
「お前ならそう言うと思った。では仕事を始める。こっちを向け。」

ヒットは攻撃は正面からと決めているのでした。

「久しぶりだな。ヒット。」
「お別れだ。」

悟空は「時とばし」の技はもう効かないと言いますが、ヒットは同じ技を使うようなことをしないと言います。悟空はヒットに攻撃を仕掛けますが、ヒットに攻撃を与えることができません。

(時とばしじゃない?!)

ヒットは悟空の胸に一撃を与えます。

「?!…やべえ…ううう…。」

悟空はその場に倒れこんでしまいます。

「また来る。お前の墓が出来たらな。」

ヒットはその場を立ち去っていきます。

悟飯、ピッコロ、悟天が悟空の元にやってきます。

「孫!」
「お父さん!し…死んでいる?!」
「お…お父さーーん!!」

ドラゴンボール超 71話 感想

ヒット強すぎーーーー!!こんなに強くなってるってヤバいね。なんか、ドラゴンボール超の強さの感覚がよく分からなくなってきました。悟空もザマスとの戦いでかなり強くなっていると思うんですけどね。

それにして、次回72話の予告の作画が凄い崩壊していましたね。そして、悟空が普通にヒットと戦っていたけど、死んでいなかったのか。ドラゴンボールで生き返ったのか。いろんな意味で72話はヤバい回になるのかもしれません。

なお、新章「宇宙サバイバル編」は2017年2月から放送が開始されることが明らかになっています。

czwkuu5viaa6zs7

それまでの期間は「ヒット編」と「日常回」でつなぐ事になりそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします