カルテット 5話ネタバレ!有朱(吉岡里帆)が怖すぎ!巻の旦那・幹生はクドカンが演じてた!

2017/02/14

有朱と巻、すずめは衣装の手直しをしています。すると有朱はこっそりとボイスレコーダーをオンに…。

「浮気はバレなかったらしてもいいと思います?」

有朱は巻に聞きます。

「バレなくても浮気はダメでしょ?」
「私はバレなかったらしてもいいかなって思います。」
「すずめさんはどうですか?」
「それってズボン履いてるけどノーパンってことですよね。」
「気持ち悪いじゃないですか。」

「それ言ったら、人間関係はズボン履いててもノーパンみたいなもんでしょ。私はズボン履いてればノーパンでもいいと思います。7割本当なら3割嘘でも本当ってことでしょ。」

スポンサードリンク

巻も昔もそんな感じだったけど、すずめは嘘が全くない人だから一緒にいてこんなに楽だという話をします。しかし、有朱は夫婦は嘘で成り立っているのだと。

有朱は巻の夫の話を聞き出そうとしていますが、すずめは話を反らせるためにロールケーキを食べようという話をします。しかし、有朱はしつこく夫の話を聞き出します。

「夫は今いないんです。1年前にいなくなっちゃって。」

すずめは理由など聞かなくてもいいじゃないかと有朱に言いますが「ダメなんですか?知りたくないですか?」とグイグイと入り込んできます。

「夫とは私の片思いだったのかもって。夫もきっとズボン履いて隠していた。恋愛感情がないってことを。」
「夫婦って恋愛感情はないものでは?」
「そうかな。でもドキドキするって気持ちは夫婦にもあったほうがいいじゃない。」
「え?なんなんですか、その夫婦の安全神話。巻さん、そのドレス、本当に気に入ってます?でも、この子が持ってきたからって思ってません?ほら!巻さん、嘘つき!!」

すずめは「え?気に入らないと思って持ってきたんですか?」と聞きます。

「いらないやつだったんで。え?すずめさんは、嘘、付かないんですか?」
「なんですか?」

「みんな嘘つきでしょ?この世で一番の内緒話って正義は負けるってことでしょ?夢は叶わない、努力は報われない、愛が消えるってことでしょ。そんな耳触りがいいことを気にしている人って現実から目を背けてるだけじゃないですか。だって夫婦に恋愛感情があるわけないでしょ。大好き、大好き、大好き、大好き、大好き、殺したいって!え?違います?夫婦に恋愛持ち込むから夫婦間に殺人事件が起きる…」

「どうして?私に何か思ってることがあるの?」

有朱はどうして夫がいなくなったのかを巻に聞きます。

「…わからない。けど…ただ。」
「巻さん、答えなくていいですよ。」

「ご主人、もう生きてないかもしれません!ご主人に裏切られたと思ったらから巻さんが…。」

すずめが有朱を止めようとしますが有朱が持っていたボイスレコーダーが床に落ちます。巻はボイスレコーダーを再生します。

すると唐揚げにレモンを掛けるかどうかを話ししているみんなの会話が。
さらに、すずめと巻が二人で話し合っていた時の会話も…。

巻はすずめを無言で見ます。
すずめは下を向いています。

有朱は「…ごめんなさい。巻さんの夫さんのお義母さんに頼まれたんです。あの人、巻さんがご主人を殺したっていうんですよ。巻さんを信じてたし。ね。」と言います。

「そうなんだ。」
「はい。」
「ありがとう。」

(ピンポーン)

宅配業者がやってきてすずめは部屋を飛び出して行きます。

その夜、別府と家森が帰ってくると別荘の電気が消えた状態です。巻が降りてきました。

「どうしたんですか?」

その頃、すずめは軽井沢の駅の方を一人で歩いています。すると男性とぶつかってしまいます。

「あ、すみません。大丈夫ですか?」

すると、男性が落とした荷物の中にドーナツカルテットのチラシが。

「ご存知なんですか?」
「知ってるも何も…。」

男性は手が血のようなものが…。

「どうしたんですか?血。」
「ラブラドール…」

その頃、巻は別荘で夫・幹生(宮藤官九郎)の写真を見せています。それはすずめがぶつかった男性だったのでした。

スポンサードリンク

カルテット 5話 感想

すごい展開…。本当に面白い。というか、有朱を演じてる吉岡里帆さんの演技が凄くいい感じですね。大好き、大好き、大好き、大好き、大好き、殺したいって!ってゾクッとしたわ。

もう、このドラマに出演している俳優さん、演技が上手い人ばかりで最高ですね。

巻の夫さんは普通に生きていましたね。というか、夫さんが宮藤官九郎さんだったとは(笑)たまに俳優として登場するから面白い。ということは巻鏡子の妄想だったということなのか。

どうして、真紀の前から消えてしまったのか、その真相が次回6話で語られることになるでしょうか。今回の第5話で第1幕が終了し次回6話からは第2幕が開幕するということで、ドーナツカルテットの関係はどうなっていくのか。

▶︎ 1話:独特の世界観と深いストーリーが面白すぎる!
▶︎ 2話:別府司は巻真紀の元ストーカーで存在感のない男だった!
▶︎ 3話:すずめの悲しい過去が明らかに!別府とキスをし恋仲に!
▶︎ 4話:巻との意外な関係や有朱も怪しくなって来た
▶︎ 6話:真紀と幹生の馴れ初めから破局。有栖がバイオリンを盗んで別荘から転落死?!
▶︎ 7話:アリスが生きていた!真紀は離婚し早乙女真紀に。
▶︎ 8話:真紀は本当の早乙女真紀ではなく全くの別人!完全に予想できない展開に!
▶︎ 9話:真紀の正体は山本彰子で成りすました理由が切なく悲しい!
▶︎ 最終回:真紀が選曲した死と乙女に込められた謎が深い。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします