嘘の戦争 8話ネタバレと感想!浩一がハルカを相棒と認める!父親と三平守との関係も明らかに!

嘘の戦争

嘘の戦争も第8話と最終章に突入です。前回は二科晃(安田顕)がまんまと一ノ瀬浩一(草なぎ剛)に騙されて2000万円を騙し取られることになってしまいますが、そんな中で二科隆(藤木直人)は浩一が怪しいということに気付き、仁科コーポレーションの刺客とも言える六車了司(神保悟志)を送り込むことになります。

スポンサードリンク

浩一はそれを利用して罠を仕掛けることに。

嘘の戦争 8話 あらすじ(ネタバレ)

▶︎1話:浩一が復讐する犯人・アザのある男は誰?
▶︎2話:浩一は仁科家に近くため楓にキス!十倉ハルカと三角関係に?
▶︎3話:一ノ瀬が詐欺師になった原点とも言える三輪刑事が謝罪し意外といい人だった。
▶︎ 4話:ユウジが浩一を裏切り、ハルカも楓に嫉妬し仲間割れ?
▶︎ 5話:仁科晃も事件の首謀者で浩一は怒りに満ち溢れることに…
▶︎6話:養護施設の三瓶守(大杉漣)が仁科と関わりがあり怪しい?
▶︎7話:仁科晃があっさりと失墜し六車(神保悟志)が姿を現す!
▶︎9話:浩一がカズキと百田に裏切られ警察に逮捕!?ついに最終章に!

六車は浩一の事務所に入り込み、浩一が仕掛けた罠に気付いて何もせずに部屋から去っていきます。八尋カズキ(菊池風磨)は六車の車に発信器を取り付けるものの、あっけなく発信器を見つけ取り外して去っていくのでした。

あっけなく仕掛けを見破られてしまう浩一は苛立ちを隠せません。十倉ハルカ(水原希子)は苛立っている浩一を心配していますが、振り向いてくれないことにハルカ自身も苛立っています。

「千葉陽一って誰?浩一さんに関係あるの?」

二科楓(山本美月)は仁科隆に聞きますが「もう直ぐ終わる。」と去っていきます。その夜、隆は目を覚ました二科興三(市村正親)に浩一が千葉陽一であることを聞かされます。

ある日、五十嵐が退院し浩一が接触します。

「君の望み通り何もかも失ったよ…。」

幸一は六車の写真を見せ「この男を知ってるか?」と聞きます。すると、五十嵐は30年前に浩一の家族をやった男であることを明らかにします。

「こいつにも痛みを教えてやる。傷つけられる人間の痛みを、恐怖を。俺が教えてやるよ。」

翌日、ハルカが歩いていると仁科隆が現れます。

「取引したい。一ノ瀬浩一の正体が分かったんだ。録音のことを知ってるか?あれを始末できれば千葉陽一を傷つけない。このままだとあいつは死ぬ!」

隆はハルカの手を引き止めます。

その頃、浩一は三瓶守(大杉漣)の養護施設の子供の誕生日パーティに参加しています。と、その時、仁科隆から電話が掛かってきます。その名前を見た三瓶守は顔色を変えます。

「父から聞いたよ、千葉陽一。君の正体は分かった。僕は君を警察に突き出す証拠を持っている。」

隆はUSBに仕込まれたウイルスや2000万円を騙し取ったことを証拠にしようとしています。しかし、今の段階では警察に突き出すつもりはないと。

「何が望みなんだよ。」
「話し合いだ。黙って楓の前から消えて欲しい。妹にはなんの罪もない。」
「今夜8時、俺の事務所で。」
「わかった。」

そのやりとりを三瓶守が心配そうに見ています。

やっぱ、三瓶のおっさんはなんか関わっているんだよねー。なんだろう。元医師だから浩一が子供の頃に容態を見ていた人物の可能性が高く、事件に関わっているんだと思うけど。

職を失った仁科晃は昼間からビールを飲んでいます。その時、浩一から電話が掛かってきます。

「頼みがある。」
「….うん、わかった。」

電話を切ると晃の前に楓の姿が。昼間から飲んでいる兄貴を心配しているのでした。

その夜、ハルカは公園のブランコで考え事をしています。すると、後ろから何者かが忍び寄ってきます。

夜8時。仁科隆が浩一の事務所にやってきます。

「で、そちらの要求は?」
「例の録音テープを渡し、仁科家から手を引くこと。楓の前から消えることだ。金は君が希望する額を。」
「金か。」

と、そこに晃がやってきます。

「何もわかってないな。金なんかで解決できない。30年前、あんたの親父がやったことに金額なんかつけられない。」

「取り返しのつかないことをやってしまった。すまない。」

「あんたに謝ってもらっても仕方ない。俺が望んでいるのは会長の謝罪、会見をすることだ。30年前、自分が何をしたのか。」

隆は時効だと言いますが浩一はもう時効だからこそ言えるだろうと。

「真実を話させろ。だから会長を生かしたんだ。何も知らない兄貴にも教えてやれよ。バカ息子が守るために会長が何をしたのか。」
「待て、何を企んている。この会話は録音をしているのか?」
「録音なんか必要ない。今聞いたことは一生忘れられないよな。」

浩一がドアを開けるとそこには晃と楓の姿が。

「どういうこと。人を殺したなんてないよね?」
「…あれは、事故で。」

幸一は録音テープを再生し興三が事件をもみ消したという内容の話を楓にも聞かせます。

晃は「揉み消し?人が死んだ?」と何も知らない様子です。幸一は「本当に何も知らないだな。あんたと親父のせいで俺は家族全員奪われた。この傷は30年前に五十嵐に刺されたものだ。金なんかで済む話じゃない。」と話します。

「嘘だったの?私に近づいたのは復讐のため?ぜんぶウソだったの?」

浩一は全て嘘だったことを楓に話をし、自分が詐欺師であり好きだというのも嘘、結婚をするというの嘘だと。

「会長の言う通りお嬢様は騙しやすくて楽だったよ。」

楓は泣きながら浩一をビンタします。すると晃が浩一に飛びかかってきます。

「一ノ瀬!なんでだよ!なんで楓まで!」
「俺の弟も何も知らないで巻き込まれた!たった5歳で!金で済む話じゃないだよ!!」

浩一はコンセントに仕掛けられた六車が仕掛けた盗聴器に話しかけ「お前にも俺が味わった地獄を見せてやる!」と部屋を去っていきます。

「…ふふふ。威勢がいいな。」

六車の車の中にはハルカが拘束されています。

まあ、そうだよな。人殺しをする方が圧倒的に悪いわな。しかも5歳の弟って。仁科家は返す言葉もなかったよ。

スポンサードリンク

浩一が公園にいると百田ユウジ(マギー)はハルカと連絡が取れないと。寝返ったんじゃないかと言います。浩一はハルカの留守電に電話を掛けて折り返して欲しいと。

百田ユウジは六車の経歴について話をします。元警官だったことで射撃の名人でヤクザよりもタチが悪いと。そして百田ユウジはこの件からは降りることを告げられることに…。

その頃、楓は一人で喫茶店に。すると五十嵐がやってきます。

「僕に聞きたいって、何を?」
「信じられなくて。30年前のこと。」
「誰に聞いたの?」
「彼の傷、五十嵐先生がって本当ですか?」
「…本当だよ。会長の指示で千葉陽一の父だけを殺すはずだった。でも陽一君は2週間生死のさまよった。意識が戻った時には無理心中で事件が片付けられていた。」

9歳の時の浩一は嘘を言わされたのです。

「9歳の時の嘘ってそのことだったんですね。」
「あの嘘を悔やんでいるのかもしれないね。でももし、あの時に真実を叫び続けたらあの子は殺されていた。千葉陽一は自分の命が救われたんだ。嘘が彼自身を救ったんだ!」

二科興三は来週には退院ができることに。隆は興三に30年前の出来事が全て楓や晃らに知られてしまった話をします。

「楓…一ノ瀬はただの嘘つきで。」

「浩一さんをそうさせたのは父さんだよね。9歳の男の子から家族奪って、嘘の証言までさせた。憎まれて当たり前だよ。」

晃は楓に謝ります。

「全部俺のせいで…。ほんと、ごめん。」
「いつから知ってたの?隆兄さんはいつから知ってたの?」

社長になった時に話を聞いたと言いますが「それを聞いて許せたの?私は許せないよ!」と言い病室から出て行ってしまうのでした。と、そこに浩一の姿が。

「これが望みか?家族をバラバラにして….。」
「甘いんだよ、隆さん。俺が味わった地獄はこんなもんじゃない。」

そう言い放ち去っていきます。

その頃、ハルカはある部屋で六車に拘束されていてスマホに触れることもできません。

浩一はバーに戻ってハルカから連絡がないことに「何かあったんだ。」と心配をします。カズキらは裏切ったのではないかと言いますが浩一はそれが信じられません。

ハルカはなんとかスマホに手を伸ばすことに成功し電源を入れますが、そこに六車が入ってきます。

「変なことをするんじゃない。飲んでおけ。まだ死なれては困る」

カズキはハルカのスマホの電源が入ったと。GPSでその場所を突き止めることに成功します。ユウジは六車の罠だと話をしますが浩一は乗り込もうとしています。

六車はスマホを手にしていたことに気付いたけどそれを放置したってことは浩一をおびき出そうとしているってことですよね。さあ、どんな展開になるのかな?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします