ドラマ「母になる」あらすじとキャスト!原作なしのドラマオリジナルストーリー!

母になる

ドラマ「母になる」が2017年4月12日(水)の22時より日テレドラマとしてスタートしますが、あの沢尻エリカさんが息子を行方不明になってしまった母親役として出演をすることになります。このドラマのあらすじをサラッと読みましたが、それだけでも衝撃の展開ですね。ある日突然、息子がいなくなり、9年の時を経て息子が現れたと思ったらそこのは別の母親がいるって….。

スポンサードリンク

「母になる」では、母になる事が自然だと思っていた女性、良い母になれないと悩む女性、どうしても母になりたかった女性の3人の母親が登場し、母になるとはどういうことなのかを、子供を通して知っていくことになります。

▶︎ 1話:母と子の絆に号泣!沢尻エリカの演技が凄すぎた!
▶︎ 2話:広の想いは産みの母・結衣ではなく育ての母・麻子にある切なさ
▶︎ 3話:門倉麻子が広を育てら理由を明らかにし広との別れを選ぶ!
▶︎ 4話:広が柏崎結衣を母親だと思えず施設に帰ることに…!
▶︎ 5話:広が結衣の元に帰ることを決意!一肌脱いだナウイ先輩がいい奴すぎる!
▶︎ 6話:麻子の不幸すぎる過去が明らかに!7話でついに修羅場へ!
▶︎ 7話:広の無事を願った結衣、広を手に入れ自由になれた麻子。産みの母親は強し。
▶︎ 8話:広が桃(清原果耶)に恋をして不登校に!
▶︎ 9話:子供はいつの間にか大人になる。結衣と麻子が母親になる?

ドラマ「母になる」の原作、脚本、演出について

  • 日テレ:2017年4月12日(水)22:00〜
  • 原作:オリジナル
  • 脚本:水橋文美江(早子先生、結婚するって本当ですか?、シェアハウスの恋人、ホタルノヒカリ2…)
  • プロデューサー:櫨山裕子(世界一難しい恋、きょうは会社休みます。、シェアハウスの恋人…)
  • 演出:中島悟(盲目のヨシノリ先生、世界一難しい恋、ドS刑事、怪物くん…)
  • 主題歌:安室奈美恵「Just You and I」

「母になる」の原作や脚本

原作はなく、ドラマオリジナルの作品となっている「母になる」ですが、脚本は「早子先生、結婚するって本当ですか?」や「ホタルノヒカリ」シリーズを手掛けた水橋文美江さんが担当します。

フジテレビの木曜ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」は個人的には面白いと思っていま下が視聴率が伸びませんでしたが、今回は日テレの視聴率が高い水曜ドラマ枠、沢尻エリカさんが主演ということもあり期待はできるのではないでしょうか。

「母になる」の視聴率は期待できる?

日テレの水曜10時ドラマのここ最近の平均視聴率は12%前後をキープしており、フジテレビの10時台のドラマは一桁中盤の視聴率が多くなる中で奮闘している方でしょう。

前クールの「東京タラレバ娘」は11.39%、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」は12.37%、「家売るオンナ」は11.59%、「世界一難しい恋」は12.88%となっています。ここ最近は明るいテーマが多かっただけに、今回の「母になる」は少々重いテーマな雰囲気があるので、これが吉と出るか凶と出るかが気になるところではあります。

ドラマ「母になる」の登場人物とキャスト

柏崎 結衣:沢尻エリカ

柏崎 結衣(かしわざき ゆい)は北海道出身で19歳の時に上京し勤め先の書店で大学講師をしている 柏崎陽一(藤木直人)と出会い、交際に発展、結婚に至る。その後、二人の間に息子・ 広(吉武歓)が生まれ家族楽しく暮らしていた。そんなある日、息子の広が行方不明になってしまい、そのまま陽一とも離婚し一人でひっそりと暮らしている。

沢尻エリカさんは父親が日本人で母親がアルジェリア系フランス人のハーフです。小学6年生の時に芸能界デビューをして小学生向けファッション雑誌「ニコラ」などのモデルに。2003年にドラマ「ノースポイント フレンズ」で女優デビューをし2005年の映画「パッチギ!」やドラマ「1リットルの涙」で演技力が高く評価され数多くの新人賞を受賞。2007年の映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶で「別に」と不機嫌発言をしたことでバッシングを受けてしまったことも。

しばらく活動を休止していたものの、2012年頃から女優復帰をして2014年のフジテレビの深夜ドラマ「ファーストクラス」が話題になり2015年の月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」でヒロインに起用されるなど活躍をしています。最近は番宣のためにバラエティ番組に出演をするなど以前の姿からは想像がつかないくらい丸くなりました!

柏崎 陽一:藤木直人

柏崎 陽一は結衣の元夫。人工知能の研究をしている東欧大学の准教授だったかが、息子が行方不明になった事件の原因を知って引きこもることに。

藤木直人さんは大学卒業後に芸能活動を開始し、最初は歌手としてデビュー。1998年のNHK大河ドラマ「徳川慶喜」で村田新三郎役に抜擢され、2000年のドラマ「ナースのお仕事3」で注目され、2001年の月9ドラマ「ラブ・レボリューション」でブレイクします。2005年からは「おしゃれイズム」のパーソナリティとしても活躍をしています。今回の「母になる」の脚本を手掛けた水橋文美江さんの「ホタルノヒカリシリーズ」にも出演をしていますね。最近ではドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」や「ラストコップ」、「嘘の戦争」などにも立て続けに出演をしてます。

西原 莉沙子:板谷由夏

西原 莉沙子(にしはら りさこ)は結衣の友人でヘアメイクで活躍をしている。自分が良い母親になることができないと悩みながらも結衣の息子が誘拐された後も結衣のことを励ましていた。

板谷由夏さんは1994年に「PeeWee」の専属モデルとして活躍。1999年に映画「avec mon mari」で女優デビューをしヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。同年の月9ドラマ「パーフェクトラブ」でドラマデビューを果たし数多くのドラマや映画に出演をしています。最近ではドラマ「遺産争族」で金に目をくらませた女・河村凛子役を演じたり、幅広い演技をしています。主演の沢尻エリカさんとは「ファーストクラス」で共演もしていますね。

西原 太治:浅野和之

西原 太治(にしはら たいじ)は東欧大学の理工学部の教授で人工知能の研究をしている。柏崎 陽一の息子が行方不明になった後も気遣い、面倒を見ている。

浅野和之さんは個性的な俳優として知られていますが、三谷幸喜作品によく出演をしており「振り返れば奴がいる」、「HR」、「古畑任三郎」などに出演。本当に数多くの作品に出演をしているのですが、最近ではドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」や「コウノドリ」などに出演をしていました。

西原 繭:藤澤遥

西原 繭は莉沙子と太治の娘で広と同じ年齢。

3歳の時の繭は宝辺花帆美ちゃんが演じます。

門倉麻子:小池栄子

門倉麻子(かどくら あさこ)は誘拐された結衣の息子・広を助け7年間も母親として一緒に生活をしていた。広を本当の母親である結衣に引き渡した後、その思いを断ち切ろうと葛藤することに…。

小池栄子さんはデビュー時はグラビアアイドルとして活動をしカリスマ的存在でイエローキャブを有名にした人物と言ってもいいでしょう。その後、イエローキャブが倒産したことをきっかけに個人事務所を設立し独立、バラエティ番組「ワンナイR&R」や「ジャングルTV 〜タモリの法則〜」などに出演をし現在では村上龍さんとタッグを組んだドキュメンタリー番組「カンブリア宮殿」にも出演をしています。最近では女優としての活動が目立っておりドラマ「世界一難しい恋」や「リーガルハイ」、さrない朝ドラ「マッサン」にも出演をしていました。

木野 愁平:中島裕翔(Hey!Say!JUMP)

木野 愁平は児童相談所の児童福祉司。広と結衣が親子であることを突き止め、再会できるように力を尽くす。

柏崎 広:道枝駿佑(関西ジャニーズJr.)

柏崎 広は結衣と陽一の息子。3歳の時に幼稚園の帰りに誘拐され13歳になり二人の元に現れる。本当の母親である結衣と育ててくれた母親・麻子の間で揺れる。

なお、3歳の時の広は吉武歓くんが演じます。

柏崎 里恵:風吹ジュン

柏崎 里恵は陽一の母親。夫の先立たれ、一人で柏崎オートを経営している。

緒野 琴音:高橋メアリージュン

柏崎オートの事務員をしている女性。家出をして里恵に拾われて陽一の息子・広が誘拐されてから一家の面倒を見るようになる。

田中 今偉:望月歩

田中 今偉(たなか なうい)は広と同じ児童養護施設で暮らしいた先輩。

スポンサードリンク

ドラマ「母になる」のあらすじ(ネタバレ)

2001年春-。両親を亡くし北海道から単身上京した 結衣(沢尻エリカ) は勤め先の書店で大学講師の 柏崎陽一(藤木直人) と出会う。時間をかけながらも二人の距離はゆっくりと縮まっていき、やがて結衣が息子の広「コウ」をお腹に宿したことをきっかけに、二人は結婚する。

陽一の母、 里恵(風吹ジュン) から結衣は温かく迎えられる。陽一の上司である 西原太治教授(浅野和之) も、キャリアウーマンの 莉沙子(板谷由夏) とできちゃった結婚すると宣言。結衣と莉沙子は、母親になる不安を抱えつつ励まし合う。

そして、連続幼児連れ去り事件が世間を騒がしていた2008年の春-。

3歳になった 広(吉武歓) の存在は柏崎家を明るく照らしていた。しかし、いつものように幼稚園へ迎えにいったある日、目を離した一瞬の隙に広は姿を消してしまう-。
時を同じくして、とあるアパートに暮らすOLの 門倉麻子(小池栄子) は、隣の部屋の様子に不審を抱く。ドアを開けてのぞきこんだ麻子はある音を聞いて…。

ドラマ「母になる」の見どころ

母と子の愛を描いた感動ストーリーに期待ですね。ここ最近の日テレ水曜ドラマの中では明るい雰囲気のドラマではないので、視聴率がどちらに傾くかが気になるところではありますが、何と言っても沢尻エリカさんが主演として起用されており、息子がいなくなってしまったという悲しみを持った母親を演じるということで、いろんな意味で注目と言えそうです。

沢尻エリカさん自身は2008年に結婚をしていますが2013年に離婚が成立しており、お子さんはいないので、子を持つ母親のイメージはあまりありませんが、沢尻エリカさんの演技力は凄まじいものがあるので、どんな感じで母親を演じてくれるのか個人的には非常に興味のあるところです。

▶︎ 1話:母と子の絆に号泣!沢尻エリカの演技が凄すぎた!
▶︎ 2話:広の想いは産みの母・結衣ではなく育ての母・麻子にある切なさ
▶︎ 3話:門倉麻子が広を育てら理由を明らかにし広との別れを選ぶ!
▶︎ 4話:広が柏崎結衣を母親だと思えず施設に帰ることに…!
▶︎ 5話:広が結衣の元に帰ることを決意!一肌脱いだナウイ先輩がいい奴すぎる!
▶︎ 6話:麻子の不幸すぎる過去が明らかに!7話でついに修羅場へ!
▶︎ 7話:広の無事を願った結衣、広を手に入れ自由になれた麻子。産みの母親は強し。
▶︎ 8話:広が桃(清原果耶)に恋をして不登校に!
▶︎ 9話:子供はいつの間にか大人になる。結衣と麻子が母親になる?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします