犯罪症候群 1話 あらすじとネタバレ!武藤(玉山鉄二)を調べ上げる環敬吾(渡部篤郎)が怪しすぎるが何者?

2017/04/09

「ママは〜?」

咲子は男児をなだめています。隣には若いスーツを着た男が舌打ちをして不機嫌そうな顔をしています。

スポンサードリンク

武藤は田村を訪ねて頭を下げます。

「田村さん、この事件は思っている以上に悪質で計画的です。被害者は他にもいます。命にさらされる子供も出てくるかもしれません。ご協力願いませんか?」

田村は娘は40歳の時の子なのだと。ずっと独身だと思っていたのだと。だから今の生活は天国のように幸せなのだと。だから人様の子のことまで考えることができない、首を突っ込んだことで娘に何かあるのが嫌だったのでした。

武藤は環と車の中で話をしています。

「私が動くよりも捜査一課で動いた方がいいのではないでしょうか。犯人を刺激しないように内々で交渉をすれば…。」
「なぜ怒らせてはいけないのですか?」
「なぜって、犯人を怒らせて、子供に被害があったら。」
「怒って尻尾を出してくれたほういいでしょう。我々の任務は裏稼業です。表の連中と同じことをしていてはわざわざあなたに頼みませんよ。」

「お断りします。私にはできません。」

環は武藤の妹のことを話をします。

「楽しみにしていたんですよ。あなたの中にいる獣がどんな風に解き放たれるのか。…自分の娘がいなくなったら分かるかもしれませんね。」

武藤はなにも言わずに去って行きます。

誘拐犯のジーニアス(要潤)を名乗る男は子供を誘拐し咲子に預け300万円を要求しています。ジーニアスは金が目的ではないと部下の後藤に話をしています。

「この世の中には存在価値にない人間が多すぎる。そんな愚民たちに思い知らせるんだよ。誰がこの世の中を支配しているのかを。」

武藤は妹の小百合が殺された現場を訪れています。

「…」

妻の雅恵から電話が掛かってきて娘の真梨子が行方不明になってしまったと..。背後に環敬吾の姿が。

「辛いでしょう。自分の子供が危険に晒されるのは。」
「なにをした?」
「私はなにも。娘さんは自分で家出をしたんです。」

真梨子が一人で夜の街にくり出ている写真を突き出します。

「この前も遅く帰った夜があったでしょ?私も心配していたんです。」
「どうして?」
「安心してください。あなたが本気で仕事をしてくれるなら娘さんの安全は保証します。」

武藤は無言でその場を立ち去って行きます。

ジーニアスは咲子の部屋を監視カメラで様子を見ています。その頃、鏑木護は環のことについていろんな人に話を聞き回っています。武藤は真梨子がどこに行ったのかを自分一人で調べています。環が鍵のかかった部屋に入るとそこには武藤一家の写真がたくさん壁に貼られています…。

ドラマ 犯罪症候群 1話 感想

大人の土ドラ「犯罪症候群」、なかなか面白かったですね!渡部篤郎さんが演じてる環が怪しすぎます。一体何者なんだろうか…、どうして武藤一家のことを調べ上げているのだろうか。しかもストーカー部屋みたいなところがあるってどう考えてもかなりやばい人物っぽいですね。

何が目的で武藤を捜査に引き戻そうとしているのか、この謎が犯罪症候群の大きな柱の一つになって行きそうです。

▶︎ 1話:武藤(玉山鉄二)を調べ上げる環敬吾(渡部篤郎)が怪しすぎるが何者?
▶︎ 2話:ジーニアス(要潤)の目的がいまいち理解できない。
▶︎ 3話:環(渡部篤郎)の裏稼業のおかげでジーニアスがあっさり逮捕!
▶︎ 4話:武藤の娘・真梨子(桜田ひより)が長谷宏治に「おにぎり食べない?」と誘われたのが事件に関係?
▶︎ 5話:武藤の娘が薬物中毒に…鏑木護が環と関わるなと警告!
▶︎ 6話:子供の誘拐事件が最悪の結末へ。犯人は高梨道治(竜雷太)なのか?
▶︎ 7話:誘拐事件の犯人逮捕へ!真相の謎が残り黒幕は誰なのか?
▶︎ 8話 最終回:憎しみは風化しない。鏑木の心の中にもダークな獣が潜んでいる…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします