母になる 3話あらすじとネタバレ!門倉麻子が広を育てら理由を明らかにし広との別れを選ぶ!

母になる

ドラマ「母になる」第3話です。前回は柏崎結衣(沢尻エリカ)と柏崎陽一(藤木直人)の息子・柏崎広(道枝駿佑)が行方不明になってから門倉麻子(小池栄子)と一緒に暮らしていたことが明らかに。2年前に施設に預けられることになり、9年ぶりに結衣と再会を果たすことになります。しかし、3歳だった広の記憶の中には結衣はおらず、門倉が唯一のお母さんという状況です。

スポンサードリンク

母になる 第3話では門倉麻子が広を育てた理由などが語られることになります。この話を聞くとなるほどと思ってしまうかもしれませんね。

母になる3話のあらすじ(ネタバレ)

▶︎ 1話:母と子の絆に号泣!沢尻エリカの演技が凄すぎた!
▶︎ 2話:広の想いは産みの母・結衣ではなく育ての母・麻子にある切なさ
▶︎ 4話:広が柏崎結衣を母親だと思えず施設に帰ることに…!
▶︎ 5話:広が結衣の元に帰ることを決意!一肌脱いだナウイ先輩がいい奴すぎる!
▶︎ 6話:麻子の不幸すぎる過去が明らかに!7話でついに修羅場へ!
▶︎ 7話:広の無事を願った結衣、広を手に入れ自由になれた麻子。産みの母親は強し。

結衣(沢尻エリカ)は広の誕生日のために誕生日ケーキとスマートフォンを購入。広が行方不明になってから結衣だけは生きていると信じて今まで生きていました。

結衣は陽一の元を訪ねます。

「あ、ケーキ?」
「携帯も買いました。」
「じゃあ、これにツナサンも。」

そこに、陽一の母・柏崎里恵(風吹ジュン)が現れ、久しぶりの再開を果たすことに。木野愁平(中島裕翔)は里恵の家に来て、広の場合は全くの第3者である門倉麻子(小池栄子)と一緒に7年間も暮らしていたことなのだと言います。門倉は7年間も赤の他人の子と生活をしていたことを公にして裁判に訴えることは可能なのだと。

陽一と結衣はそういうのは望んでいないと。そして、あの時の気持ちを思えば、これまでの9年間を思えば、この先はどんなことがあっても大したことはないと。広を引き取った後は里恵の実家で一緒に暮らせばいいと里恵は言います。

「子供を取り返すために復縁されるんですか。分かりました。」

そこに、広がやってきます。

里恵は「広!ばぁばよ!わかる?」と聞きます。

「赤いジャージ?すみません。せっかく買ってもらったのにいなくなって。」

里恵は嬉しそうに「ハグしてもいい?」と聞いて広に抱きつくのでした。結衣は「広、お誕生日おめでとう。」と。広は笑顔で「ありがとう、お母さん。」と答えるのでした。

西原莉沙子(板谷由夏)と西原太治(浅野和之)も呼んで、広の誕生日パーティーが開かれています。早速、買ったスマートフォンにゲームアプリのツナサンをインストールして陽一と遊んでいます。やけに素直だったことから莉沙子は違和感を覚えるのでした。

広はスマートフォンを持ってガレージ裏に。スマホに電話番号を入力し始めます。しかし、結衣が広を探してやってきます。

「広、ここトイレじゃないよ?」
「迷っちゃって。」
「施設の人、お迎えに来てるのよ。」
「あ、じゃあ行かないと。ケーキありがとうございました。おいしかったです。」
「広、一緒に暮らすっていう話。」
「ああ。環境が整うまでは難しいんじゃないかって。」
「環境?」
「離婚しているからって。友達にも離婚しているやついるんだけど、今月はお母さんところ、来月はお父さんののところって大変だって。」
「大丈夫。今は仲良くやってるから。心配しないで。」
「そうなんだ。お父さん、ツナサン超上手です。..よかった。別れてなくてよかったです。」
「広の部屋も用意しておく。ここでお母さんとお父さんと一緒に暮らそう。」

施設に戻った広はトイレで門倉麻子に電話をしています。しかし隠れて電話をしているなら切るよってすぐに切られてしまいます。

「ママ、今どこにいるの?」
「ごめん、切るよ。」
「待って。柏崎さん家に行くことになるんだけど。新しいお母さん。新しいお母さんとお父さんと一緒に暮らすことになる。」
「会いに行く、待ってて。」

門倉は木野と会います。

広、やっぱり門倉の前だと子供になりますね。結衣と陽一の前では偽った姿といった感じ。まあ、記憶がないんだから仕方ないのかもしれないけど、何とも切ない話だわ。そして、産みの母親・結衣と育ての母親・門倉のバトルが勃発。怖いわ。どんな修羅場が待っているのか。

門倉は「お話って何ですか?」と木野に聞きます。

「正式に柏崎広くんになりました。」
「柏崎さんはどこまで知ってるんですか?」
「9年前に連れされた広くんがあなたと暮らしていたことを知っています。」

しかし、門倉は誘拐したのは自分ではなく、無理矢理育てたわけではなく、本人が望んだだからと。しかし、木野はそうでも言わないと罪に問われるのだから。

「疑ってるんですか?2年前のこと。」
「話していません。広くんも知りません。どうして2年前、広くんを捨てなければならなかったのか、会うことができなかったのか。」
「木野さんはどうしてですか?施設の子供達が噂しているそうです。どうしてパスケースに入れた110円を大事そうに持っているのか。心の選択と何か関係が?」

木野は今回の件は大ごとにしたくないと柏崎が言っていると。そして、広のお母さんは新しい生活をしようと必死にしていると。本当の母親になろうと、一生懸命になっているのだと。

西原家では娘の繭(藤澤遥)が広が見つかったことにテンションが上がっています。しかし、繭に知らせずに会いにいったことに不服に思っているようです。

その頃、柏崎オートのガレージでは陽一が壊れた洗濯機を直そうとしています。そして、結衣との共同生活が実家でスタートすることになります。しかし、しばらくの間、別々に暮らしていたことから違和感が。結衣は広には別れていない、別れていないと言ってしまったことを陽一に言います。

「茶の間で寝るのはやめていただいていいですか?それで、あの…私と寝てください。」
「あ…。一緒に寝よっか。」
「はい、お願いします。」

結衣は買って来たケーキを広があんまり食べていなかったのに凄く美味しかったと言っていたことが気になっています。しかし、食べ残したケーキは陽一が食べ残したもので、甘いケーキは苦手なのだったのだと。

翌日、広は準備をしながらナウイ先輩に「僕は捨てられたわけじゃありません。何か事情があったんです。ママはそういう人じゃないから」と話をしています。

スポンサードリンク

広は柏崎家にやって来て自分の部屋に案内されます。興奮した広は部屋の写真を撮り、結衣、陽一とのツーショット写真を撮影。その写真を門倉にメールで送っていたのでした。夕飯はデミグラスソースのハンバーグが出て来ました。写真を撮って門倉に「ママの嫌いなデミグラスソースだぞ!」と皮肉めいたメールを送っています。そのメールを見た門倉は少しだけ笑顔になりメールを返信しようとしますが、思いとどまってやめるのでした。

結衣は「広、写真、誰に送っているの?」と聞きます。広はナウイ先輩にメールを送っているのだと誤魔化すのでした。結衣は広の部屋に行ってパジャマを持っていきます。

「やめた。ごめん、お母さん、お父さんとうまくやってるって嘘ついた。陽ちゃんなんていったの何年ぶりだろ。ずっと前に離婚してて、広と一緒に暮らしたから嘘ついちゃいました。でも広と一緒に暮らしたいから。ごめん。」

結衣は本当のことを広に話します。広が1階に降ります。すると洗濯機を修理している陽一と結衣が話している声が聞こえて来ます。

「ここ、ムキになると出るここ、広とよく似ていますよ。」

仲良く話している姿を見た広は笑顔になって出てきます。

「お母さん、僕も、写真送ってたの、ママです。すみません!」
「正直に話してくれてありがとう、これからは嘘やめようね。」
「はい!」

広は陽一の口元を見て「ここか〜?」と。

翌日、西原莉沙子が家にやって来て中学の教科書を持って来ています。その頃、陽一と広はサッカーをして楽しています。陽一のサッカーの下手さに驚気を隠せません。すると、そこに門倉の姿が…。広が気配を感じて振り向くとそこには誰もいません。

門倉は歩いて結衣の元に。お辞儀をして「門倉麻子です。」と。

ついに、二人が対面!さあ、どうなる?!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします