リバース 4話 あらすじとネタバレ!広沢の車を爆発炎上させた犯人は村井か?広沢の彼女が復讐をしようとしている?

reverse

ドラマ「リバース」の第4話です!野球の打ち上げの帰りに谷原康生(市原隼人)が駅のホームから誰かに突き落とされてしまうという最悪の展開を迎えてしまいましたが、誰が谷原を突き落としたのか。第4話では広沢は車の事故を起こして爆発炎上した真相が少しだけ明らかになり、犯人はほぼ確定されることになりそうです!

スポンサードリンク

リバース 4話のあらすじ(ネタバレ)

▶︎ リバース 1話:犯人は誰なのか、10年前の事件の謎が動き出す。
▶︎ リバース 2話:広沢の死を事故にしたかった犯人は誰だ?全員怪しいんだけど!
▶︎ リバース 3話:谷原を電車のホームから突き落とした犯人は広沢の母親?
▶︎ リバース 5話:村井は浅見と谷原が広沢の事故を隠蔽していた現場を目撃していた!
▶︎ リバース 6話:広沢の高校時代の彼女のカワちゃん(夏菜)が谷原と関係が?

浅見康介(玉森裕太)は大学時代に家庭教師のバイトで中学受験の子を受け持ったがその子の母親から勉強ができない子の気持ちが分からないと外され、その後任になったのが広沢由樹(小池徹平)だったでした。そして、その子は中学受験に受かったのでした。

谷原康生(市原隼人)が電車のホームから付き合おとされたことを聞いた深瀬和久(藤原竜也)は病院に駆け付けます。浅見によると誰が突き落としたのかは分からないと。谷原は一命を取り止めたもの意識が戻らない状態なのだという。

その頃、村井隆明(三浦貴大)は不倫をしていた沼淵ことは(篠原ゆき子)の家に村井香織(趣里)と一緒にいます。香織はことはと不倫をしていることを突き止め、家にやってきたのでした。ことはは香織に押されたことによって花瓶で腕を流血してその場にはいません。

「夫と別れてって言ったら引き下がったわよ。あなたもここに帰って来なさいよ。」

隆明はずっと無言を貫いています。すると香織の電話に谷原の妻・谷原明日香(門脇麦)から谷原が電車のホームから突き落とされて意識不明であると連絡が入ります。

うーん…谷原だけじゃなくて浅見も広沢のことを快く思っていなかったという事か。みんなが、怪しいって事だよね。やっぱり、谷原と浅見、村井の3人が何か秘密を握っているのかもしれませんね。

病院の廊下で話をしている深瀬と浅見。すると深瀬が「あのさ、広沢がいなくなった時の話なんだけどさ。あの時、浅見と谷原が二人で広沢を探しに行ったよね?二手に別れて探していたって村井が言ってたんだけど。」と話を切り出します。

「村井はなんて言ってたんだ?」

深瀬は村井が本当に車が崖に落ちていたと思うかという言葉を思い出しています。そこの明日香が現れます。この間、飲みに行っていた時のことについて様子はおかしくなかったかを聞かれますが、特にそのような様子はなかったと答えます。

深瀬と浅見は地下鉄のホームに立っています。浅見は「最近、知らない人と会ってないか?」と聞かれた深瀬はサッカー部キャプテンの父親・相良成行が会いに来たことを話します。

「来週の指導会議に出てくれって。」
「偽証してくれって言われた?」
「困るよ、そういうの、どんな条件出されても。」
「どんな条件?」
「転職先紹介するとか。色々。」
「今の会社満足してんの?」
「いや…。」
「だったら話に乗れば?うまくいけば彼女に見直されるかもよ。こっちのことは気にするな。」

その頃、谷原の件に関しては事件と事故の両面で調べられているようです。谷原は野球の打ち上げでビールを飲んでいたことから、事故の可能性もあるのではと。明日香はこの状況に納得いっていません。

翌日。浅見は高校の前で生徒たちに挨拶をして立っています。その様子をジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)が影で見ています。深瀬は相良成行に電話をして指導会議に出ることを断りますが、断りきれず電話を切られてしまいます。

その夜。浅見、村井、深瀬の3人がいつもの居酒屋で集まっています。深瀬は「ねえ、やっぱり。全部警察に話そうよ。告発文のこととか、広沢のこととか。酒のこととか。」と言います。しかし、それについては墓まで持っていく話だろと突き返されます。

深瀬は他にも隠していることはないかと二人に聞きます。

「あるのか浅見?」
「なんでだよ、村井。」

二人はないと言いますが浅見は告発文に関しては警察に話をした方がいいのではないかと。村井は警察の話として谷原のホームで帽子をかぶった人物がいたのだと。関係性があるかどうかは分からないと。村井と浅見は広沢の親の可能性があるのではと。恨んでいるのは確かだし。深瀬は谷原の野球チームの集合写真を見ると、その後ろに帽子をかぶった女性が写っていることに気付きます。

3人は広沢の母親・広沢昌子(片平なぎさ)が関係しているのではないか、そう思い始めたのでした。その頃、ジャーナリストと小笠原と広沢昌子が会っていました。

深瀬が谷原のお見舞いのためにケーキ屋にいると越智美穂子(戸田恵梨香)が現れます。このお店は美穂子の知り合いのお店だったのでした。深瀬は美穂子に「最近変わったことがあった?」と聞きますが、特に変わったことはないのだという。

ケーキを買った深瀬は美穂子に手を振って別れます。

深瀬が谷原のお見舞いに病院に行くと明日香が迎え入れてくれます。そこにジャーナリストの小笠原がやって来ます。

「あー、深瀬くん。ねえ。谷原くんの病室教えてくれる?」
「何しに来たんですか?」
「話を聞きに来たんだよ。」

明日香は小笠原に警察が全く調べてくれないと愚痴を言います。

「お父さんにお願いしてどうにかしてもらえないのですかね?」
「父は事故で片付けたいみたいですよ」
「ご主人に脅迫文が舞い込んでいたのはご存知ですか?実は深瀬くん、浅見くん、村井くんにも同じものが舞い込んでいるみたいですよ。」
「兄にも?」
「ご存知なかったんですか。4人の共通していることといえば。」
「広沢さんの事件ですよね。関係あるんですか?」
「関係ないんですけど、どうでしたか?広沢くんがいなくなって。」
「身近な人が急にいなくなって…。好きだったし、仲良くなりたいとは思っていたけど。」
「そうですか、ショックですよね。悲しくてやりきれないお気持ちだと思います。」

深瀬は小笠原に「俺も犯人探したいです。広沢を奪われたから復讐しようとしてるんですよね?ごく身近な人のような気がします。」と言います。

「お母さんとでも言うのか?犯人を突き止めてどうする気だ?」
「会って償いたいんです。」
「そいつが死んで償えっていったら死んで償うのか?あの3人は何かを隠している。あの日は広沢くんが酒を飲んでいた、その秘密以外に隠し事がある。君もそう思ってるんだろう。」

深瀬はどうやったらその秘密を暴くことができるのか小笠原に言いますが、人間はそう簡単に明かすことはしないだろうと。ただ、このままにしておくと身内が巻き込まれる可能性があると…。

スポンサードリンク

深瀬は家で広沢について知っていることをノートに書き綴ります。

広沢由樹は村井の妹に好かれていた。カレーが好きだった。落語が好きだった。
広沢由樹は彼女がいた?

深瀬はノートを閉じベッドの上に寝転びます。

2006年春。深瀬と広沢の出会った時のこと。二人は大学のゼミで初めて出会ったのでした。広沢と話をしているだけで気が楽だったのでした。

相良から電話が掛かって来ますが留守電にして無視します。明日の指導会議の件、よろしくお願いしますという電話でした。そのあと、一緒に食事をしたいと。信託銀行の人事部の人も同席するのだという。この話を聞いた深瀬は迷います。迷いながら、翌日の指導会議に深瀬は姿を現すのでした。

広沢由樹は彼女がいた?

この言葉がキーになっていそうな予感。この事件に全く関わりのなさそうに見える越智美穂子が関係してそうな。だって戸田恵梨香さんが起用されてるんですよ。超重要人物でしょ。どう見ても。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします