CRISIS(クライシス)6話 あらすじと感想!元公安捜査員がカルト教団に寝返った理由は国家組織の裏切り?

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の第6話です!前回、稲見(小栗旬)は上司の鍛治(長塚京三と少し言い合いとなり、もし自分が権力に逆らったら見捨てるのかと問い詰め、国家組織というものに不信感を抱くのでした。稲見はかなり国家組織に不信感を抱いてしまっているようですが、今後どのような展開になるのか?

スポンサードリンク

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 6話では11年前の無差別爆弾テロ事件の実行犯で指名手配されている男が姿を現します。どうして11年の時を経て姿を現したのか?

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 6話のあらすじ(ネタバレ)

特捜班に新しい任務が入ってきます。コンビニの防犯カメラに強盗未遂をした男が写っています。そかし、その男ではなく後ろに写っている男が問題なのだと。この男は里見修一(山口馬木也)で11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていたのです。

この里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧されていたのでした。そこで特捜班に白羽の矢が立ったのでした。田丸(西島秀俊)は稲見(小栗 旬)に「ちょっと付き合えよ。」と誘います。

二人は事件が起きた地下鉄に足を運んでいます。

「里見はあのテロの朝、小型のスーツケースを車内に残してドアが閉まる瞬間に外に出た。そして、電車が次の駅に着く前に携帯電話を使ってスーツケースの中に仕込んだ爆弾を爆発させた。あのテロが起きた時は俺はまだ公安にいた。徹底的に監視していたカルト教団の連中が史上最悪のテロを実行したんだ。」

稲見は何かミスがあったのかと問いますが、それはなかったのだという。

「これがテロの恐ろしさだ。」
「テロの予兆を感じるだけで誰も彼も怪しく見えて日常にヒビが入る。」

鍛治(長塚京三)は警視総監の乾 陽一(嶋田久作)に呼び出されます。11年前のテロの話をしています。

「今、君が飼っている連中は里見の件を追っているんだろう?もしうまく片付けることができたら、僕が後ろ盾になってあげるよ。だから、ここで失敗をしないように気をつけるんだよ。」

地下鉄を歩いていたカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)が里見に地下鉄は厳戒態勢が敷かれていたことを報告しています。男らは里見のことを崇拝しているのか何があっても里見を全力でお守りすると宣言をしています。

里見は銃をテーブルの上に置きます。

特捜班では大山(新木優子)が里見の姿をある防犯カメラに写っていたことを吉永(田中哲司)らに報告。用賀周辺に隠れ家があるのではないかと。大山は罠を仕掛けてみてはどうかと。巨大掲示板サイトに里見の目撃談を書いて用賀から出て行くように仕掛けるのでした。さらにIPアドレスも全て調べることで里見の居場所がわかるかもしれないのだと。早速、大山は掲示板に里見らしく人物が用賀周辺にいたと情報を流すのでした。

羽田はこれに気付きその情報をすぐに里見に報告します。

「わかった、動こう。」

そしてIPアドレスから用賀周辺から投稿された場所を特定。吉永は田丸と稲見に連絡を入れて里見を張り込みます。里見は車に乗り込んで用賀周辺を離れていきます。二人は里見が乗った車を追います。里見の乗せた車が停車しホームセンターの中に入っていきます。二人はさらに里見を追います。

すると里見の護衛5人が立ち止まり田丸と稲見の方を見ます。5人が襲いかかってきます。店の中で激しい攻防戦が繰り広げられます。二人はなんとか5人を倒しますが、里見はすでにその場から立ち去っています。

5人で里見を守るって凄いな…。

スポンサードリンク

田丸はこれ以上追っても無駄だと稲見に言います。

稲見は「普通の人間だったらこんなに簡単に足跡消せないですよ。それに11年も隠れていられるなんて普通あり得ないでしょう。なんか知ってるんでしょ?里見はこっち側の人間なんですか?」と聞きます。

「テロが起きた当時、公安部に広がった噂がある。カルト教団に長期の極秘潜入潜入をしていた捜査官が寝返ってテロの実行犯になったという噂がある。完璧な信者となった捜査官は地位をあげ幹部にまで出世しテロを起こした。」

潜入捜査をした警察官は警察としての経歴は一時的に消されるため潜入捜査が終わるまで経歴が復活することがないことから抹消に関わった人間が箝口令を引けば事実が明らかになることがないのだという。

「里見の経歴を見ただろう?昔、俺が潜入捜査をした経歴とそっくりだ。」
「あいつがテロの実行犯にまでなった理由はなんなんでしょうかね?」
「教祖に洗脳されて感情の転移が起きたのかもしれない。」
「もしくは…この間田丸さんが言っていたやつ。大切な何かを見失った。」
「…かもしれない。」

田丸はこの話は噂話しの域を越えていない、テロの実行犯として追えばいいのだと言います。しかし、稲見は「里見がもし俺たちと同じ警察官だとしたらその足跡を見つけてあげないといけないんですか?そうすることがあいつを捕まえる近道なんじゃないんですか?」と言うのでした。

その頃、里見は鍋島家の墓の前に立っています。

大山は里見の経歴をピックアップし色々な情報から絞り込みを行います。すると鍋島豊という男がピックアップされます。

「…まるで別人だな。」
「俺たちの仲間だったわけですね。早く捕まえて任務から解放してあげましょう。」

里見はテロを起こすことが目的ではないのかもしれないと。どうして半端な11年目に現れたのか。里見の両親は他界し身内は特にいないようです。

その頃、里見はあるアパートのポストに隠しカメラを仕掛けます。自分のスマホから外の状況を確認できるようにしたのでした。部屋に入った里見は銃をテーブルの上に置いて座ります。

田丸は連絡を受け里見が潜入したと見られるアパートに稲見とともに向かいます。監視カメラを設置していた里見はすぐにそれに気付くのでした。二人は里見がいる部屋のドアを開けます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします