リバース 7話 あらすじとネタバレ!カワちゃんが二人!越智美穂子の正体は河部美穂子だった!

2017/05/26

リバースの第7話です!前回は広沢由樹(小池徹平)の故郷である愛媛に深瀬和久(藤原竜也)と浅見康介(玉森裕太)の二人で行き両親、高校時代の同級生に会いに行き、広沢のことについて調べました。そこで、広沢が高校時代に交際をしていた彼女・カワちゃん(夏菜)という女性がいることが明らかに!

スポンサードリンク

谷原も意識を取り戻しますが、カワベと何らかの関係があるようです。そして美穂子の正体もついに明らかになります!

リバース 7話のあらすじ(ネタバレ)

▶︎1話:犯人は誰なのか、10年前の事件の謎が動き出す。
▶︎2話:広沢の死を事故にしたかった犯人は誰だ?全員怪しいんだけど!
▶︎3話:谷原を電車のホームから突き落とした犯人は広沢の母親?
▶︎4話:広沢の車を爆発炎上させた犯人は村井か?広沢の彼女が復讐をしようとしている?
▶︎5話:村井は浅見と谷原が広沢の事故を隠蔽していた現場を目撃していた!
▶︎6話:広沢の高校時代の彼女のカワちゃん(夏菜)が谷原と関係が?
▶︎8話:広沢の高校時代の彼女のカワちゃん(夏菜)が谷原と関係が?
▶︎9話:蕎麦入りハチミツと雪の上の血痕とてんとう虫キーホルダーが謎を解く鍵か
▶︎最終回:広沢の事故の真相に拍子抜けも綺麗な終わり方だった!

深瀬和久(藤原竜也)は広沢の親友・古川大志の元を訪ねます。

「あの…。ちょっと。」

すると古川は逃げ出していきます。

「なんでここを!?仕事中なんだ!帰ってくれ!」
「ごめん!古川くんが俺たちを許せないのは当然だと思う。大事な友達を奪った。ごめんなさい!」

しかし、告発文のことを聞きますが古川が送ったわけではなかったようです。

「それ送ったのカワベ(夏菜)さんじゃない?高校の2年後輩。広沢の3回忌の時にあんたらを睨んでいたで。結婚まで考えていた相手が殺されたんやで。当然やわ。」

古川とカワベ、広沢の3人で東京で何度も会っていたのでした。古川は東京で広沢と会うようになり、自分とは釣り合わない人間だと、自分だけが理解者だと思っていたのだという。

その頃、浅見康介(玉森裕太)は藤崎莉子(山口まゆ)が学校に来なくなったことを聞き、学校に行って対応をしています。

深瀬は広沢の同級生に電話をしてカワベという女性が東京の八王子の病院でナースをしているという情報を手に入れるのでした。病院名までは分かりませんでしたが、有力が情報を手に入れることになります。

広沢の母親・昌子(片平なぎさ)に告発文が届いたことを明かします。愛媛に来たのはこのことを調べるために来たのだと。10年前のあの日に何があったのを。何かわかったら連絡をすると言い深瀬は広沢の家を出ます。

深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)に広沢の実家に行って話をして来たとメールを夕日の写真を付けて送信します。

(美穂ちゃんは元気にしていますか?会いたたです。)

「会いたたって…(笑)」

美穂子は東京の夕日の写真を送り返します。

深瀬は谷原康生(市原隼人)が入院している病院を訪ねます。谷原は意識を戻してすっかりと元気になっています。谷原は電車のホームから落ちたことは全く覚えていないと。飲んでからの記憶がなかったのでした。しかし、それを聞いた明日香(門脇麦)は「さっき、警察にはホームに行ったところまで覚えてるって言ってたよね?」と言います。しかし、谷原は誤魔化すのでした。深瀬と浅見は10年前のことについて何かあったのか、広沢の両親に会っていたことを話します。

谷原は何かを思い出します。

あの日、谷原は広沢の車が事故を起こしている現場を見て浅見に電話をして呼び出します。

「警察がこの血痕を調べたら…酒を飲んでいたことがバレる!」

車が炎上しています。

浅見は「もう後には引けないだろ。」と言い現場に付いている血を雪で掻き消しています。そこに30という数字が書かれたテントウムシのキーホルダーを発見したのでした。それを炎上している車の方に投げ捨てたのでした。

深瀬は谷原に広沢の彼女だったカワベの写真を見せて「知らないか?」と聞きます。すると谷原は見覚えのあるような顔をしていますが、「知らない。」と答えるのでした。深瀬と浅見は病院を出ようとすると村井隆明(三浦貴大)が見つかったと電話が掛かって来ます。

村井は妻の村井香織(趣里)に拉致されていたのでした。香織は精神的に参ってしまい実家に帰ったのだという。

深瀬はジャーナリストの小笠原に会い、てんとう虫のキーホルダーのイラスト、広沢の高校時代の彼女・カワベのことについて話をしています。そして、深瀬は広沢の母親を疑っていたことを謝ったのでした。

小笠原はてんとう虫のキーホルダーのことは調べてみるから広沢の彼女のことを調べてくれと言って去っていきます。

深瀬は八王子にある病院を回り、カワベというナースがいないかどうか調べています。その頃、美穂子は母親が入院している病院を訪ねていました。浅見は行方が分からなくなっていた生徒・藤崎莉子を発見します。

完全に谷原は何かを隠していますね。カワベちゃんとどんな繋がりがあるのだろうか。元彼女なのかな?でもなんで繋がりがあるんだろう。謎だわ。

スポンサードリンク

藤崎莉子はサッカー部が大会前にビールを飲むのは伝統になっていたのだという。それを誰かに気付いて欲しくて深瀬に気付かせるように仕向けたのだという。藤崎は自分で告発をしていれば浅見を巻き込むこともなかったと謝るのでした。

谷原は退院をして家にいます。明日香はクリーニングに出していたスーツを持って来ますが、しばらくの間会社を休んでいいと言われたのだと。実は谷原は上司から事故前に早期退職希望を勧められていたのでした。谷原はそのことを明日香に言うことができなかったのでした。

その頃、美穂子は母親にちょっと良い感じの男性がいることを笑顔で話しています。

「え〜、どんな人?」
「不器用で、ちょっと抜けていて、びっくりするくらいお人好しの人。肉まんを半分こした時に迷わずに大きい方をあげちゃう人。」
「ほんまに好きなんやな。あんたがそんな顔をするの久しぶりに見たわ。この人って思える人に出会えることってなかなかないから逃すんじゃないよ。」
「…そうかもね。」

その夜、美穂子は家で宮本武蔵の本をカバンに入れ、夜月の写真を撮影しています。

翌日、明日香は深瀬に谷原の行方が分からなくなったと電話をしています。心配になった深瀬は野球部が昼間っから飲んでいる居酒屋に行くと谷原がいました。明日香が心配をしていると言いますが「あいつ、五月蝿いからいいんだよ。」と…。

「浅見はお酒をやめたのに谷原は飲むんだね。…いい加減にしろよ!!」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします