ドラマ「ハロー張りネズミ」あらすじとキャスト!瑛太×大根仁監督で弘兼憲史原作漫画が実写ドラマで蘇る!

ドラマハロー張りネズミが2017年7月からのTBS金曜22時のドラマ枠でスタートします。「ハロー張りネズミ」は探偵モノですが人情モノ、殺人ミステリー、超常現象、ホラー、国際犯罪、歴史ミステリーと枠にとらわれることがない、幅広い事件が展開されるのでどのようにしてドラマ化されるのか注目です。

ハロー張りネズミは島耕作シリーズで知られている弘兼憲史さんの漫画が原作となった作品となっており、瑛太さん、森田剛さん、深田恭子さん、蒼井優さん、山口智子さん、リリー・フランキーさんといった豪華キャストが起用されました!

スポンサードリンク

ドラマ「ハロー張りネズミ」の原作、脚本、演出について

  • TBS:2017年7月(金)22:00〜
  • 原作:弘兼憲史「ハロー張りネズミ」講談社:ヤングマガジン
  • 脚本・演出:大根仁(映画「SCOOP!」、映画「バクマン。」、映画「モテキ」…)
  • プロデュース:韓哲(IQ246〜華麗なる事件簿〜、族ノカタチ、ATARU…)、市山竜次(映画「SCOOP!」、映画「天空の蜂」、SPECシリーズ、池袋ウエストゲートパーク…)

ドラマ「ハロー張りネズミ」の原作や脚本

ドラマ「ハロー張りネズミ」は弘兼憲史さんがデビューした頃に書いた漫画「ハロー張りネズミ」が原作が原作となっています。1980年から1989年にかけて週刊ヤングマガジンで連載された漫画で単行本は全24巻あります。

脚本と演出は映画「バクマン。」や「モテキ」を手掛けた大根仁さんが担当します。脚本と演出ともに担当するのはさすが映画監督らしいですが、ゴールデン・プライム帯ドラマの脚本と演出をするのは今回が初めてということです。

また、プロデュースが「ATARU」や「SPEC」を手掛けた方々が担当しているので、ドラマの枠を超えた、映画らしい雰囲気のある作品になることに期待できそうです。

登場人物とキャスト相関図

七瀬五郎:瑛太

あかつか探偵事務所の所員でハリネズミのような髪型と寝ずに相手を尾行する(張リ寝ズ視)ことから通称「ハリネズミ」と呼ばれている。バカでスケベだが人情に厚い。ちょっと抜けているところがあるが、事件の嗅覚と行動力は抜群であかつか探偵事務所のムードメーカー的存在。

瑛太さんは1982年12月13日生まれで1999年にモデルデビューし2001年にドラマ「さよなら、小津先生」で俳優デビュー。2003年にドラマ「WATER BOYS」で注目され2006年のドラマ「アンフェア」と「のだめカンタービレ」で日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀助演男優賞を受賞しその後も数多くの賞を受賞している。主な作品は「それでも、生きてゆく」、「ラッキーセブン」、「最高の離婚」、「極北ラプソディ」など。

四俵蘭子:深田恭子

ある事件をきっかけに五郎を出会うことになるが、ミステリアスでその正体は謎に包まれている。

深田恭子さんは最近のTBSドラマには数多く出演しており、ドラマ「下剋上受験」、「ダメな私に恋してください」、「女はそれを許さない」、「名もなき毒」などがあります。

木暮久作:森田剛

あかつか探偵事務所の所員で五郎の相棒。通称「グレさん」。元プロのギャンブラーで洞察力が鋭いが五郎と同じくバカでスケベ。

森田剛さんは1979年2月20日生まれでV6のメンバー。ドラマに出演をするのは2015年の「リスクの神様」以来2年ぶりとなります。

風 かほる:山口智子

あかつか探偵事務所の所長で昼間から本格的に酒を飲む豪快な独身女。過去については謎に包まれてる。

山口智子さんがドラマに出演をするのはドラマ「心がポキッとね」以来5年ぶりになります。

輝(キララ)のマスター:中岡創一

あかつか探偵事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」のマスター。やる気がない性格の齢不詳の中年独身男。五郎と木暮がよく通っている。原作では向かいにある喫茶店「リバティーハウス」のマスターでしたがドラマに合わせて設定が変更されているようです。

中岡創一さんはお笑いコンビ・ロッチで過去に2009年のドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」、2014年のドラマ「グーグーだって猫である」に出演をしたことがあり、今作が3作品目のドラマ出演となります。

萌美:片山萌美

スナック「輝(キララ)」のアルバイトをしていてお店の看板娘。ナイスバディーで露出の多い格好をしていることから五郎や木暮からよくちょっかいを出されてしまう。

片山萌美さんはグラビアアイドルですが、2015年のドラマ「共犯者」で女優デビューを果たし、ドラマ「OLですが、キャバ嬢はじめました」や大河ドラマ「おんな城主 直虎」などに出演をしています。今後の女優としての活躍が期待されます。

河合節子:蒼井優

類まれな霊能力を持つ美人霊媒師。素性や生い立ちは不明だが五郎に協力的。

蒼井優さんがドラマに出演するのは2015年のドラマ「Dr.倫太郎」以来2年ぶりですね。最近は映画への出演が多く「東京喰種トーキョーグール」、「彼女がその名を知らない鳥たち」などに出演をします。

南:リリー・フランキー

おんぼろ出版社・サンライズ出版の経営者。裏社会を知る情報屋でもあり四俵蘭子の過去のことを知っている。

スポンサードリンク

あらすじ(ネタバレ)

東京都の板橋区下赤塚にひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にて、今日ものん気にバイトの萌美にちょっかいを出す日々を過ごしています。

そんな時、天井からドンドンと音が響く。さらに三回ドンドンドンと響き、それが所長の風かほる(山口智子)からの依頼の合図だと気付いた五郎とグレは、急いで事務所へ戻ります。

昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、二人は事務所に尋ねてきた依頼主と対面。川田という男の依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。

その話を聞いた五郎とグレは……。

ドラマ「ハロー張りネズミ」の見どころ

ドラマ「ハロー張りネズミ」は25年以上前の漫画ですが、1991年に映画化、1996年に緒形直人さん主演でスペシャルドラマとして映像化され、さらに台湾でもドラマ化された人気コンテンツです。

そんな「ハロー張りネズミ」が大根仁監督の手によってどのように蘇ることになるのか注目ですね。大根仁監督自身もいつかドラマ化してみたい作品だったそうで7〜8年前から温めてきた作品なんだそうで、かなり楽しみです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします