ドラマ「あいの結婚相談所」あらすじとキャスト!山崎育三郎と高梨臨がワケあり男女のキューピットに!

ドラマ「あいの結婚相談所」が2017年7月からテレビ朝日の金曜深夜ドラマとしてスタートします。意外にも今回の作品がドラマ初主演となる山崎育三郎さんに、ヒロインに高梨臨さんが起用されることになります。「あいの結婚相談所」は結婚をするまで直接会うことが許されないが成婚率100%を誇るかなり変わった結婚相談所が舞台となった作品となっています。どんな物語が待っているのか?

スポンサードリンク

ドラマ「あいの結婚相談所」の原作、脚本、演出について

  • テレビ朝日:2017年7月(金)23:15〜
  • 原作:加藤山羊作画、矢樹純原作「あいの結婚相談所 」
  • 脚本:徳尾浩司(豆腐プロレス、警視庁 ナシゴレン課、ドS刑事、ロストデイズ…)
  • 演出:星野和成(奪い愛、冬…、レディダヴィンチの診断、不機嫌な果実、素敵な選TAXI…)

ドラマ「あいの結婚相談所」の原作や脚本

ドラマ「あいの結婚相談所」は2010年6月~2016年までビッグコミックオリジナル増刊号に掲載されていた矢樹純さんが原作の作品です。(作画は加藤山羊さん)婚活ミステリー漫画というちょっと変わったジャンルになっており、1話完結型の漫画となっています。ドラマではそれらのエピソードを元にドラマ向けに描き直されることになりそうですね。

脚本はドラマ「ドS刑事」や「ロストデイズ」を手掛けた徳尾浩司さん、演出は「不機嫌な果実」や「素敵な選TAX」などを手掛けた星野和成さんとなっています。

ドラマ「あいの結婚相談所」のあらすじ(ネタバレ)

元動物行動学の准教授・藍野真伍(山崎育三郎)が所長を務める「あいの結婚相談所」に一流証券会社の社員・横田がやってきた。

横田はビルの屋上から景色を眺めていたところを、飛び降りと勘違いしたシスター・エリザベス(高梨臨)が無理やり制止。そのとき渡された結婚相談所のチラシを見てやってきたらしい。実はイケメンの横田にシスターは早くも心奪われて…。

スポンサードリンク

ドラマ「あいの結婚相談所」の登場人物とキャスト

藍野真伍(山崎育三郎)

藍野真伍(あいの しんご)は元動物行動学の准教授で「あいの結婚相談所」所長をしており「依頼者同士は婚約するまで会ってはならない」をモットーにしている。

あらゆる動物や昆虫の生態に詳しく、動物・昆虫のフィギュア集めを趣味にしている。依頼者の性質を昆虫を重ね合わせることを得意とし、なぜか歌の素養も持ち合わせている。冷淡な印象で周囲の神経を逆なでする言動が多く、アシスタントのシスター・エリザベスをこき使い、常に衝突しているが軽くあしらっている。依頼者やシスターに横柄な態度を取っているので依頼者からの第1印象はいつも最悪。

山崎育三郎は今回の作品がドラマ初主演となりますが、もともとはミュージカル俳優をしていて数多くの舞台に出演をしていました。ドラマに本格的に出演をし出したのは2015年のHuluで限定配信されたドラマ「ラストコップ」で、2015年10月のドラマ「下町ロケット」で民放ドラマに初出演をし注目を集めました。ミュージカル俳優出身ということで実写版「美女と野獣」の日本語吹き替え版の野獣に抜擢されるなど、得意分野を生かしていた演技も魅力です。今回の藍野真伍も歌うのが得意ということから、適役と言えるのではないでしょうか。

シスター・エリザベス/猪田花子:高梨臨

シスター・エリザベス/猪田花子(いのだ・はなこ)は「あいの結婚相談所」で訳あって真伍のアシスタントをしているシスター。

真面目な性格で融通が効かず思い込みが激しく、母性が強く、惚れっぽいところがある。アシスタントでありながら「依頼者同士は婚約するまで会ってはならない」ということには反対している。さらにシスターなのに依頼者のことをすぐに好きになってしまい。依頼者の嘘に騙されてしまうこともあり、真伍からは昆虫レベル扱いされている。

高梨臨さんは2008年〜2009年まで「めざましテレビ」の「MOTTOいまドキ!」に出演をしており、2009年に「侍戦隊シンケンジャー」でシンケンピンク役に抜擢され数多くのドラマや映画で起用されるようになります。2014年のNHKの朝ドラ「花子とアン」で醍醐亜矢子役でブレイクし、2015年のフジテレビの月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」ではBLが好きな女性を演じたり、2016年のドラマ「不機嫌な果実」では主人公の旦那と隠れて不倫をする女性を演じ話題に。2017年4月のドラマ「恋がヘタでも生きてます」では地上波の連ドラ初主演を演じています。

ドラマ「あいの結婚相談所」の見どころ

婚約が成立するまで、お相手の方と直接会ってはならないという、あいの結婚相談所のかなり変わった方針ですが、これは余計な恋愛感情をできるだけ排除することが成婚への近道という藍野所長の信念から生み出されたもの。

確かに余計な恋愛感情のせいで複雑になってしまい結婚ができなくなってしまうということもあるのかもしれません。しかし、結婚まで会わないというのはお見合いよりも凄いことであって、どうやって結婚に結びつけることができるか、非常に興味のあるところでもあります。

変人キャラを演じる山崎育三郎さんと猪突猛進キャラを演じる高梨臨さんの演技にも注目ですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします