愛してたって、秘密はある(愛ある)2話あらすじネタバレと感想!

ドラマ「愛してたって、秘密はある(愛ある)」第2話です!福士蒼汰さん主演に川口春奈さんがヒロインの二人が演じていますが、川口春奈さんは本当に可愛いですよね。最近は、CMにめちゃくちゃ出演をしていますが、その理由が分かります。

スポンサードリンク

そして、同ドラマの原案は秋元康さんということなので、驚きの展開が用意されているのでしょうかね。

1話の振り返り

弁護士を目指す司法修習生の黎(福士蒼汰)は司法修習生・爽(川口春奈)からプロポーズされたことで結婚を決意します。しかし、黎にはとんでもない、人には言えない秘密がありました。

11年前、中学生だった黎は父の皓介(堀部圭亮)が母の晶子(鈴木保奈美)にDVをしていたところ、とっさに撲殺してしまったのです。晶子はこのことは「二人だけの秘密にしよう、罪を無かったことにすれば罪じゃなくなるのよ。」と家の庭の土の中に皓介を埋めて罪を隠すことに…。

黎はすぐにバレるだろうと思っていたが捕まることなく11年が経ってしまうことになるのですが、自分の家の庭に埋めてしまい、ずっとバレなかったことに驚きですよね。失踪として扱われたとして、家族には全く疑いの目を向けられることがなかったということでしょうが、どんな気持ちで生活をしてきたのか、ちょっと異常性を感じてしまいました。

黎は「罪にはそれぞれ事情がある、追い詰められて犯罪に手を染めてしまった人を助けることができる弁護士になりたい」と弁護士になろうとしています。

結婚の許しをもらうための爽の父親で検事正をしている立花弘晃(遠藤憲一)に会いに行く黎。しかし、黎が弁護士になりたい理由があまりにも偏っていたこともあり認められることはありません。そんな中で、黎に1通のメールが。

「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」

そして、庭には大きな穴が空いており、土の中に眠っていた父親が消えていた…というのが1話のストーリーでした。隠し通してきたと思っていた11年前の事件ですが、真実を知っている何者かがいることが明らかになりましたが、1話に登場した高校生の裏西果凜(吉川愛)が少し怪しいようにも思いますね。

一晩の間にあれだけ大きな穴を掘ることができたということは、複数人いるということなのでしょうかね。第2話では黎が父親について爽に嘘をついていたことが大きな焦点となります。

世間的には黎の父親は失踪したことになっていますが、爽や立花弘晃に対しては4年前に病死したことにしてあります。ちょっと調べれば分かることになのに、どうして失踪したことを隠したのか。まあ、隠したくなるのも分かりますが。

以下、第2話のストーリーです!

スポンサードリンク

愛してたって、秘密はある 第2話 あらすじ(ネタバレ)

11年前に皓介(堀部圭亮)の遺体を埋めた庭が何者かによって掘り返され、遺骨と凶器が持ち去られていた。黎(福士蒼汰)と晶子(鈴木保奈美)は激しく動揺。自首すると言い出す黎に、晶子はやめてほしいと懇願する。

爽(川口春奈)は、結婚の準備に張り切っていた。黎は先走る爽をそれとなく止めようとするものの、爽は黎の思いに気付かない。そんな中、黎のもとに「お父さん、みーつけた」と皓介の遺体を見つけたことをほのめかす不気味なメールが届く。

一方、晶子は過労で倒れてしまう。そんな晶子を一人にするのが心配になる黎。彼は、爽と別れる決意をする。

一方、爽が立花(遠藤憲一)に、黎の家族との食事会の日程について聞くと、「結婚を許した覚えはない」と告げる立花。彼は、黎の身辺調査をしていた。黎が信用できる人物ではないと立花に言われ、爽はショックを受ける。そんな彼女のもとに差出人不明の封筒が届く。その中には、黎の父に関する、ある事実が記された紙が入っていた。

黎は、爽に呼び出される。爽は、黎が父親のことで嘘をついていると知り、怒っていた。黎は、爽に問い詰められ…。

爽が黎の父親が失踪したことを知る

爽(川口春奈)の元に届いた封筒を見て黎を公園に呼び出します。

「どうして嘘ついたの?お父さんのこと。」

すると爽は黎の戸籍謄本を出して、父親が4年前に病死したのではなく失踪したことを知ってしまっていたのです。

「なんで言ってくれなかったの?私たち結婚するのに。ちゃんと説明して。」
「…俺のこと、許せないならそれでいいよ。」
「はあ?…最低。」

爽はそのまま去っていくのでした。

黎(福士蒼汰)は友達をナイフで刺してしまった15歳の少年の話を聞いています。しかし、少年は頑なに真相を話そうとしません。真実を話したところで、誰も幸せになれない。だから少年は話さないと決めたのだという。

同じ司法修習生の安達が「誰も幸せになれない真実なら黙っておいた方がいいんじゃないか。」と。黎は「そうだな。」と書類を片付けるのでした。

スポンサードリンク

真実を話しても誰も幸せにはならないのか

黎は再び15歳の少年に会いにいきます。

「少しだけ目を閉じて。」
「何言ってるんですか?」
「もう一度目を開けてそれでも迷惑だと思ったら二度と会いに来ない。」

少年は目を瞑ります。

「何が見える?」
「真っ暗です。」
「未来のことを想像してみて。何が見える。」
「真っ暗です。何もありません。」

「僕も同じ場所にいた。今も半分そこにいる。僕にもずっと秘密にしてきたことがある。言っても誰も幸せになれないと思ってた。でも最近わからなくなった。あのとき話していたら、家族を追い詰めたり、大切な人を傷つけずに済んだのかなって。君には僕みたいになって欲しくないんだ。君がいうように、真実を話しても誰も幸せになれないのかもしれない。けど、本当にそうなのか。一緒に考えたい。」
「放っておいてください!俺には帰るところがないんです!だって普通の人間は人を刺したりしないでしょ!。俺、おかしいんです…。」

黎は過去の自分を思い出します。

「昔ね。ある人に言われたんだ。どんな人でもやり直せる人はある、ちゃんと誰かと一緒に生きていけるって。君はおかしくなんかないよ。美術室の一番後ろ、あの場所、いいよね。景色もいいし。」
「あそこだったら、誰にも邪魔されずに陸上部の練習を見てられたんです。すきだったんです。」

少年は泣き崩れます。

その頃、黎が家庭教師をしていた女子高生の裏西果凜(吉川愛)が1点を見つめてベッドに横たわっています。

愛する人が事情を抱えていたらどうするか

爽の家に兄の立花暁人(賀来賢人)が寝させてほしいとマンションにやってきます。

「彼女ができて、その人が事情が抱えていたらどうする?」
「事情って?」
「家族が事件に巻き込まれたとか。」
「面倒くさいから逃げる。けど、こいつのためならって思える女なら一緒に背負う。結婚するってそういうことだろ。誰かと一緒になるってことはリスクがあるんだ。」

爽は(俺のこと、許せないならそれでいいよ。)という言葉を思い出しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします