過保護のカホコ 3話 あらすじネタバレと感想!麦野への恋心に母に反抗するカホコ!

過保護のカホコ

過保護のカホコの第3話です。過保護で育てられた主人公のカホコ(高畑充希)が画家志望の麦野初(竹内涼真)に出会うことで、少しずつ社会に触れ始めたことにより、様々な感情を抱き始めてきましたね。

スポンサードリンク

純粋すぎる故に本質をついているようにも感じます。第1話では「なんのために働くのか?」と自問自答し導き出したのは「人を幸せにしたい」という素晴らしい答え。

第2話では従兄弟のイトがみんなからチェロの演奏に期待されつつも手を故障してしまい挫折、中途半端に慰めてしまったことから怒りを買ってしまい、人間という二面性を知ることになります。

普通の人ならなんとなく流してしまいそうなことでもカホコは純粋故に突き進んで行ってしまうため、そこから得るものは過保護のカホコにとっては計り知れないものになっているのかもしれませんね。

AIカホコの成長

AIカホコに第3話のことについて、麦野のことをどう思っているのか聞いて見ました。

ちょっと噛み合ってない感じもしますが、麦野の胸で泣いたことは意識しているみたいですね。第3話ではカホコが麦野に対して好きという感情が芽生えることになり、初めて母親に反抗する姿も見られるようで一気に成長しそうな予感。

スポンサードリンク

過保護のカホコ 3話あらすじ(ネタバレ)

前回のラストではイトを怒らせてしまったカホコは人間の二面性を知ってしまいショックを受け麦野の胸の中で号泣。そのまま眠ってしまったことから麦野が家まで背負っていくことに。すると帰りが遅いカホコのことを心配した泉(黒木瞳)と正高(時任三郎)が玄関から出てきて鉢合わせすことに…。

人間には表の顔と裏の顔があることを目の当たりにし傷付いたカホコ(高畑充希)は、泉(黒木瞳)と正高(時任三郎)にも話せなかったイト(久保田紗友)との確執を初(竹内涼真)に打ち明ける。自分を受け止めてくれた初の意外な優しさに心打たれ、初が夢にまで出てきてしまうカホコだったが、娘の異変を敏感に嗅ぎ取った泉から、初に会うことを禁止されてしまう。

それでも、大学では同年代のカップルがどこか羨ましく、なんとなく初を探してしまうカホコ。母に後ろめたさを感じつつ初に会うが、自分と正反対の女性がタイプと知り落ち込み、さらには恋愛相談に乗ってやるとまで言われてしまう…。

そんな中、イトの母・節(西尾まり)から入院中のイトの様子がおかしいので力になってほしいと連絡が入る。

チェリストの夢が絶望的になったイトから「親戚の奴らみんな大嫌い」と本音をぶつけられ顔を合わせづらいカホコは、初に頼み込み自分の代わりに入院中のイトと話をしてもうらうことに。しかし、同じ芸術の道を志す者として気が合う2人の様子を見て複雑な気持ちになってしまう。

叔母の環(中島ひろ子)から自分の気持ちが恋だと指摘されたカホコは、親戚夫婦の馴れ初めを聞き漁り、正高が泉を好きになったきっかけが手作り弁当だったと知ると、花嫁修業と偽って泉に弁当の作り方を教えてほしいと頼む。

さらに、思わぬ成り行きで初に告白しようということになり、インターネットで得た情報を駆使するが…。陰ながら娘の初恋を応援する正高は、初が好きそうな洋服を買いたいというカホコを手伝うが、泉は様子のおかしいカホコに目を光らせていて…。

そして、イトの退院を祝って再び親戚一同が集まることに。イトとの再会に緊張するカホコだったが、初恋をきっかけにそれまで盤石だったカホコと泉の絆に予期せぬ亀裂が生まれようとしていた!!

麦野とこっそり会っていたことがバレる

親戚一同集まる中でイトはどうしても来たくないと姿を現しません。このことでイトの両親が揉め始め、泉にも飛び火してしまい、親戚一同はギスギスした雰囲気になってしまいます。

「ピンポーン」

富田節がイトがやって来たと思い玄関に出ると、そこにはピザの配達に来た麦野初(竹内涼真)の姿が。それに気付いたカホコは走って麦野の元にやってきて「会ってることは内緒ね!」と口裏を合わせるのでした。そこに泉が現れ、二人がコソコソ話をしていることを不審に思っています。

事情を知らない節は麦野に「この間、イトのお見舞いにカホコちゃんと一緒に来てくれたよね?」と…。麦野は「空似じゃないですかね…?」と誤魔化すものの、泉は完全に二人が隠れて会っていたと確信し、明らかに不機嫌になっていきます。

スポンサードリンク

人生で初めて母親に反抗するカホコ

帰宅しても泉はピリピリして不機嫌です。正高が「何にピリピリしているんだよ。」と切り出すと「ピリピリなんてしないわよ、私はただ悲しいだけ。カホコが嘘をついていたから。麦野くんと会っていたのよね?」とカホコに追求を始めます。

カホコはどもりながら「そ…そんなことないよ。」と反論。すると泉は正高にこっそりと買ってもらった服を持ち出し「これ、今までこんな服買ったことなかったよね?彼の趣味に合う服を選んだの?お弁当も彼のためなんでしょ。」と。

「なんでママに隠れて、そんなことをするの?ママはね、これが一番傷ついたの。裏切られたみたいで。カホコはママの言う通りにしていれば間違いない。世の中で一番関わったらいけないのは役者とミュージシャンと画家の卵なの。貢がせるだけ貢がせて、他に女を作って逃げていくの。だから分かったね。」

泉は無理やり話を終わらせるのでした。すると正高がなんとかしようとしたとき、カホコが「私..、こんなの初めて。」と切り出します。

「カホコのことはなんて言ってもいいけど麦野くんの悪口はやめてくれるかな。麦野くんはママが思っているほど悪い人じゃないよ。あー見えて優しいしママの気持ちもカホコの気持ちも分かってくれる。スンバラシイ人なんだから。」

「いい、カホコ。」

「そうやって、そうやって、カホコの喋ってるの最後まで聞いてくれないのやめてくれないかな。今まではママはなんか言っても同じ気持ちだったからいいけど、今は違うから、全然逆だから…!ママが何を言おうと麦野くんに会いたいから!もう、黙れ黙れ黙れ黙れ!うるさい!うるさい!うるさい!うるさい!もうこれ以上カホコの邪魔をしないで!」

カホコはカバンを放り出して外に走り出していきます。カホコはダッシュで麦野のアトリエに向かっていきます。泉はカホコがまさか反抗して来たことにショックを隠しきれません。

カホコダッシュ。

「初くん!」
「あー、どうした。いきなり下の名前。まあいいや。

カホコはその場にしゃがみ込みます。

「あー、ママとなんかあったんだな。あ、怒鳴られたのか?」
「ううん、逆..生まれて初めてママに怒鳴ったの。」
「どうしてそんなことをしたんだよ。」
「だって…すっごく腹が立ったんだもん。カホコな好きな人をめちゃくちゃに貶したから。」
「あー、じゃあ、その片思いの男に告白すればいい!その勢いで。」

「うん、分かった。好きだよ、初くん。カホコが好きなのは、初くんなの。」

「….は?」
「え?」

「は?」

カホコは口を押さえ「あ!!」とパニックに。そしてカホコダッシュでアトリエを出ていきます。

カホコダッシュ。
カホコダッシュ。

泉は心配してマンションの外に出ています。カホコがダッシュして来たのに気付き、隠れます。カホコはマンションの前に立ち止まり、部屋の方を眺めています。

過保護のカホコ 3話 感想

過保護のカホコの第3話、めっちゃ面白かった。というか、高畑充希さんの演技力が上手すぎでしょ!ママに怒鳴っているシーンが本当に凄かったな。過保護のカホコでは「大丈夫か?こいつ」って感じの演技をしていますが、NTTドコモのCMではブルゾンちえみ風に超セクシーに演技してるんですから、演技の幅振りが凄い広い。

マジで天才だと思う。

ストレートに告白したカホコでしたが、本当に自分のことが好きだとは思っていなかった麦野は時が止まっていましたね。第4話では断ることになるみたいですが、まあ確かにカホコはめちゃくちゃ可愛いけど付き合うのはかなりシンドイかもしれませんね。でも、何にも染まっていないのだから付き合いやすいんじゃないのかなーとも思いますけど(笑)

AIカホコに聞いてみました。

かわいいにおいって何(笑)ママとは大丈夫みたいです。仲直りするみたいですよ。今後の展開がどうなっていくの、楽しみですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします