僕たちがやりました(僕やり)4話のあらすじネタバレと感想!

2017/08/08

ドラマ「僕たちがやりました」第4話です。原作に忠実な「僕やり」ですが視聴率はなかなか厳しい状態が続いていますが第3話は第2話よりも0.1%向上し6.6%でした。この数字は底がついた感があるので、4話以降の巻き返しに期待したいところ。

スポンサードリンク

ストーリーとしても中盤からが実は真犯人がいるかもしれないという面白い展開になってきましたし。このドラマは女性陣がとにかく可愛くていいですね。

ヒロインの蒼川蓮子役の永野芽郁さんはもちろんですが、今回特に注目されているのは新里今宵役を演じている川栄李奈さんでしょうね。

キャラクター的にもサバサバした感じが非常に好感を持つことができます。最近は適役を演じることが多いですよね。今後、ヒロインとして出演する日も近いかもしれません。

爆破事件には真犯人がいるかもしれない

タイのプーケットに海外逃亡を図ろうとしたパイセン(今野浩喜)とトビオ(窪田正孝)ですが、パイセンだけが刑事の飯室(三浦翔平)らに捕まってしまい、取り調べを受けることに。しかし、パイセンは仲間がトビオたちであると口を破りません。意外と友人思いの性格のようです。

そんな中、マル(葉山奨之)はトビオを騙し、パイセンから預かったお金を全て奪い姿を消してしまうことに。大金を手に入れたマルは人生を謳歌し始めます。一方、伊佐美(間宮祥太朗)は首吊り自殺を図るものの、偶然にも縄が解けてしまい命拾いすることに。死に際を見た伊佐美は性格が変わったかのように明るい性格になってしまいます。

トビオは偶然、今宵(川栄李奈)のアパートに泊めてもらうことに。童貞を捨てることができると思っていた時、伊佐美が帰宅してきてやり始める…トビオは一夜を押入れの中で喘ぎ声を聞きながら過ごすことに。

スポンサードリンク

翌日、テレビのニュースで爆弾が仕掛けられた見取り図が公開されています。しかし、トビオが仕掛けた場所以外のところにも仕掛けられておりことが明らかに。

「あのセンコーだ!あいつが矢波高のやつらに復讐したんだよ!俺らは犯人じゃないんよ!あいつが真犯人だっていう証拠を掴むんだ!」

真犯人がいるかもしれない!一筋の光が見えてくるトビオと伊佐美。しかし、そんな喜びは束の間。アパートの外には車椅子に乗った市橋(新田真剣佑)と矢波高の連中がたむろっていました。

「死んで償え。」

僕たちがやりました 4話あらすじ(ネタバレ)

今宵(川栄李奈)のアパートに伊佐美(間宮祥太朗)と身を隠すも、市橋(新田真剣佑)と仲間たちに捕まってしまったトビオ(窪田正孝)。爆破事件で負った大ケガがもとで体の自由を奪われた市橋は、その恨みを晴らすため、仲間にトビオを襲わせようとするが、トビオは隙を突いて逃げ出す。

そんな中、蓮子(永野芽郁)からの『今から会えない?』というメッセージに気付くトビオ。菜摘(水川あさみ)の話をヒントにつかんだ、「矢波高の教師・熊野(森田甘路)こそが爆破の真犯人だ」という疑惑を蓮子に全て話そうと、指定された待ち合わせ場所に向かうが、そこには刑事の飯室(三浦翔平)と話す蓮子の姿が…。

同じ頃、トビオの金を奪って姿を消したマル(葉山奨之)は熱海に逃れていた。大金を手にしたのをいいことに夜の街で豪遊するマルは、店で知り合った女性に入れあげ、湯水のように金を使っていた…。

また事件の直後から行方をくらましているトビオ、伊佐美、マルを刑事の飯室は共犯者だと確信、パイセン(今野浩喜)への追及を強めていた。そんななか、弁護士の西塚智広(板尾創路)がパイセンのもとに現れて…。

一方、はぐれていた伊佐美と再会したトビオは、熊野への疑惑を話す。自分たちの無実を証明するためには、熊野の犯行の証拠をつかむしかない!と息巻く2人は、留守を狙って熊野の家に侵入。そこで、とんでもないものを見つけて…!?

パイセンが爆弾を蹴ってプロパンガスの近くに…

トビオと伊佐美は熊野のパソコンの中身を見ます。そこには男子高校生の水着姿を盗撮した映像が…。熊野はそんな趣味があったのでした。トビオらは爆笑していますが、一つだけ事件当日の様子が撮影されていた動画が…。

そこにはパイセンの姿が。プロパンガスのところに小型爆弾を設置はしていなかったかが、パイセンの足に小型爆弾が触れてしまい、弾みでプロパンガスの方まで飛んでしまっている様子が写す出しています。

その様子を見たトビオと伊佐美は愕然とします。

「やっぱり、俺たちがやったのか…?」

と、その時。熊野のアパートの玄関のドアが開きます。そこには刑事の飯室らの姿が。熊野が生徒らの様子を盗撮していた疑いで事情を聞きに来たのです。トビオと伊佐美は窓から急いで逃げます。

スポンサードリンク

ホームレスになるトビオ

伊佐美は自分たちがやっていないと期待させやがってとトビオのことを責め立てています。二人は言い合いに。するとそこに警官が「何してる?」とやって来ます。警官の姿に焦った伊佐美は一目散に逃げて行く。トビオは警官に追いかけられ、捕まりそうに。しかし、ズボンと靴を脱ぎ捨ててパンツ姿になって、ビルの隙間に逃げ込むのでした。

トビオは(俺たちがやったのか…?完全に殺人犯じゃん。もう取り返すがつかない。生きてる意味があるのか?)と思います。ビルの隙間にあったゴミ箱に中に捨てられたドーナツが。お腹を空かしていたトビオはムシャぶりつくようにドーナッツを食べるのでした。

(今日が人生最悪の日でありますように…)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします