愛してたって、秘密はある(愛ある)5話のあらすじネタバレと感想

ドラマ「愛してたって、秘密はある(愛ある)」第5話です!いよいよ中盤に突入することになる「愛ある」ですが、黎(福士蒼汰)が過去に犯した犯罪がバレそうでバレないギリギリのラインを攻めてる感じが、ハラハラしてとても面白いドラマですね。

スポンサードリンク

果凛は表面的なことしか知らない?

爽の元に黎の戸籍謄本を送りつけたのは果凛(吉川愛)だったことがマンションの防犯カメラの映像から明らかに。果凛は黎と爽の婚約を破断させるためにあらゆる手段を使って、黎の秘密を暴露していこうとしている。

とはいえ、黎が中学時代に父親を撲殺したということは母親の晶子(鈴木保奈美)以外誰も知らないはず。もしかしたら果凛は表面的なことしか知らないのかもしれません。というのも、第4話で黎が「全部、果凛ちゃんがやったの?」と果凛に聞いた時に「全部ってなんのこと?」と答えていました。

つまり、それ以上のことは何も知らないということ。戸籍謄本から父親が病死ではなく失踪をしていたことを知っていただけ。ということになるのかもしれません。今回の第5話ではトロフィーを爽の家に送ったのも果凛だということが判明しますが、戸籍謄本は何者かが果凛の元に送られてきたものであることも明らかに。

つまり、あの事件を知っている第3者がいるということになります。一体誰なのか。立花(遠藤憲一)も何かを知っていそうですし、風見(鈴木浩介)も…。

爽にも隠された秘密が?

そして、爽(川口春奈)にも黎が知らない隠された秘密があるようですね。

果凛は黎に中学時代の爽の写真を見せて「結婚するのに聞いてないんだ。彼女のこと何にも知らないんだね。」と…。第5話では黎と爽は教会で秘密にしていることを懺悔するようですが…爽にはどんな秘密があるのか。そして黎は本当のことを話すことができるのか?

スポンサードリンク

愛してたって、秘密はある 第5話 あらすじ(ネタバレ)

奥森(堀部圭亮)の名で送られた荷物を受け取った爽(川口春奈)。荷物の中身は奥森のトロフィーと、爽が花火大会でなくした髪飾りだった。黎(福士蒼汰)は爽からトロフィーを見せられ、混乱。それは、黎が奥森を殴り殺した凶器だった。

そんな黎の思いをよそに、何も知らない爽は、奥森が生きていて黎に声を掛けようと花火大会に来ていたのではないか、このトロフィーがあれば奥森と再会できるかもしれない、と警察に届けようとする。そんな爽に対して黎は思わず、声を荒らげてしまう。

黎は、誰が爽にトロフィーを送ったのかを調べ始める。配送センターを訪ねると、送ったのは女性と判明。その配送センターの近くには、果凛(吉川愛)が通う女子高があった。

黎のもとに、またしても差出人不明のメールが届く。不安に駆られる黎の前に、果凛が現れる。果凛は黎に、奥森家の戸籍謄本は盗んだのではなく、誰かが送ってきたからだと告げる。

黎は爽とともに、ジュエリーショップで結婚指輪を選ぶことに。しかし、店内にトゥーランドットが流れ、動揺した黎は店を飛び出してしまう。黎の姿に不安になる爽。

一方、晶子(鈴木保奈美)は風見(鈴木浩介)に、黎から婚約者をまだ紹介されていないのかと尋ねる。爽の名前を聞いた風見は、なぜか動揺して…。

黎は、立花(遠藤憲一)と向き合うことで、爽への想いを強くし、サプライズで婚約指輪をプレゼントしようと決意。そんな中、爽に「奥森黎の秘密は手帳の中」というメールが届く。爽は、黎がいない隙に彼の手帳を開き…。

奥森晶子と立花弘晃の関係

爽は母親の茜と一緒に料理の支度をしながら結婚を決めた理由について聞いています。爽の母親は弘晃(遠藤憲一)にも秘密があったと思うが「あえて踏み込まない愛情もある」ということを聞く。

ただし、これは自分たちの場合であって、爽と黎については「これから二人にとってベストな関係を築いていけばいい。」と話をしています。そして、爽は黎の父親のトロフィーが見つかったことを茜に話しています。

この話をドア越しに弘晃が聞いています。

その夜、黎の母親・晶子(鈴木保奈美)が誰かと電話をしています。

「大丈夫、あの人が戻ってくることはありません。」

スポンサードリンク

黎は「虎太郎って高校時代から爽を知ってるんだよね?どんな感じだった?」と虎太郎に聞きますが、「自分で聞けばいいだろ。」と言われてしまいます。黎は検事正の弘晃の部屋に書類を持っていきます。

「…あの。食事会の時、どうして父のことを聞かれたんですか?ちょっと気になっていて。」
「俺は息子に嫌われているからな。息子ってのは父親に理想を抱いているからな。」
「分かります。自分もそうでしたから。」
「もし父親が戻ってきたらどうする?」
「もし戻ってきたら、戻ってきても家族にはなれないと思います。けど、お父さんと暁人さんは戻れるんじゃないでしょうか。」

「どうして爽なんだ?」
「…ピースできるようになったんです。」
「はあ?」
「写真を撮るとき、僕ずっとできなくて。ピースって楽しさや喜びをあらわすものじゃないですか。そんなの僕にはもったいなくて。結婚認めてください。爽さんじゃないとダメなんです。本当の自分でいられるんです!」

「そういうことは内定とってから言え。」

就職の内定を取ったら認めてもられると言ってもらえた黎は急いで香坂(山本未来)の元に行って就職先の斡旋をお願いしに行きます。香坂にお願いをしていると爽が戻ってきますが、黎は急いで出て行きます。

「なんだったんですか?」
「就職の相談とかよ。」

香坂そう言って外に出て行きます。と、その時、爽のスマホにメールが受信します。

(奥森黎の秘密は手帳の中)

黎は一人でジュエリーショップに行って婚約指輪を購入。内側に文字を入れて欲しいと店員さんに話をしています。

高校時代の爽の写真

その夜、黎は爽の部屋に来ており、シャワーを浴びに行っています。

爽はメールの(奥森黎の秘密は手帳の中)が気になり、黎の手帳を開きます。すると、そこには爽の高校時代の写真が挟まっていました。なぜ、黎がこの写真を持っているのか。疑問に思うものの、黎がシャワーから上がってくる音を聞いて、すぐに手帳を片付けて何事もなかったかのように振る舞います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします