愛してたって、秘密はある(愛ある)6話のあらすじネタバレと感想

ドラマ「愛してたって、秘密はある(愛ある)」第6話です!前回はストーリーとしてはあまり進まなかったこともあり、中だるみ感が若干あったような気もしますが、中盤に突入し謎がさらに謎を呼んでおり、どのような展開に進むことになるのか、非常に見応えのあるドラマになっていますね。

スポンサードリンク

視聴率は8%〜9%で推移

ドラマ「愛ある」の視聴率は5話の段階で平均視聴率8.49%と前クールのドラマ「フランケンシュタインの恋」よりも高い数字で推移しています。(フランケンシュタインの恋の平均視聴率は7.68%)

  • 1話:8.2%
  • 2話:8.7%
  • 3話:9.2%
  • 4話:8.0%
  • 5話:8.5%

やはりこういうミステリー系のドラマは視聴率が高くなる傾向が強いようにも感じますね。この先が気になってしまうというか。特に「愛してたって、秘密はある」は主人公が最初から殺人犯というかなり異例な設定なので、いつ婚約者にこのことがバレてもおかしくない状況になっていますし、ハラハラ感があって面白いですよね。

婚約指輪が両親のものに入れ替わる

5話までの振り返りをしていきましょう。

前回は爽(川口春奈)の父親・立花(遠藤憲一)が黎(福士蒼汰)がきちんと就職をしたら結婚を認めてくれると約束をしてくれたことで、香坂(山本未来)にお願いをして就職先の斡旋をしてもらうことになりました。

そして、結婚指輪の前に婚約指輪を爽に渡そうと二人の名前が入った指輪を購入。結婚式場の教会で黎は改めて爽は俺が守るから。何があっても。ずっと自信がなかった。俺にできるのかって。けど、何をしても爽を守るよ。本気を誰かを守るって綺麗事じゃできないから。ずっと言おうと思っていたんだけど、好きです。」と愛の言葉を誓います。そして、婚約指輪の箱を開けて、指輪を手にすると…

「SYOKO・KOUSUKE」

いつの間にか、黎の父親が指にハメていた結婚指輪に入れ替わっていたのでした。この指輪を手にした黎は手が震え、指輪を落としてしまうのでした。

一体、誰が指輪を入れ替えたのか?

スポンサードリンク

愛してたって、秘密はある 第6話 あらすじ(ネタバレ)

黎(福士蒼汰)が爽(川口春奈)に渡そうとした婚約指輪は、なぜか埋めたはずの奥森(堀部圭亮)の結婚指輪にすり替わっていた。一体誰がどうやってすり替えたのか?

一方、爽は、暁人(賀来賢人)が過去のある事件で立花(遠藤憲一)を憎み続けることに心を痛めていた。現在、暁人は、ある政治家の贈収賄疑惑を追っており、その疑惑には、晶子(鈴木保奈美)が勤める港北医科大学病院が絡んでいるらしい。暁人は病院を訪ね、晶子や風見(鈴木浩介)に話を聞こうとする。

黎と晶子は警察に呼び出され、奥森の車が引き上げられるきっかけとなった「車が崖から落ちた」という通報の音声を聞く。しかし、2人には聞き覚えがない声で…。一ノ瀬刑事(矢柴俊博)は、黎と晶子がこれまで奥森を積極的に探していなかったことを不審に思い、11年前の失踪について調べ直すことに。

そんな中、黎は、法律事務所の面接を受ける。就職を決めて爽との結婚を立花に許してもらうためにも、内定を取りたいと意気込む黎。一方、2人の結婚を邪魔したい虎太郎(白洲迅)と果凛(吉川愛)も怪しい動きを続けており、何者かによる黎への不気味な揺さぶりは止まらないままだった。黎は、自分が爽や晶子を守らなければならないと決意するが…。

黎は面接を受ける

黎は香坂に紹介された海老原・中川法律事務所の面接を受けています。

「凶悪犯を弁護することは被害者をさらに傷つけて加害者の利益ばかり守るという意見がある。君はどう思う?」
「確かに、被害者の家族が十分に守られていないと感じます。ただ、自分が犯した罪を見つめ直すことが許されることなく、どこにも居場所を見つけることができず、自分だけは居場所になりたい、そう思っています。」

「裏切られることも多いよ?」
「それでも、可能性は捨てたくありません。」

海老原は笑顔になります。

風見が黄色いバラ

その頃、11年前の事件を洗い出していた一ノ瀬刑事(矢柴俊博)が晶子が勤めている港北医科大学病院に現れます。偶然、爽の兄・暁人(賀来賢人)とすれ違い。

一ノ瀬刑事は奥森が乗っていた車が海から見つかったことを院長に話し、トラブルを抱えていたかどうか知らないかを聞きます。しかし、院長は知らないという。ただ、晶子は風見(鈴木浩介)のことを慕っていたと話します。

その頃、風見が黄色いバラを持って墓参りに来ています。険しい顔をしながら「父さん…。」と一言。

黎は内定をもらうことに

黎と爽が会っています。

「どうだった?面接?」

黎は暗い顔をしています。

「え?」

すると黎は笑い出します。面接は上手くいったのだと爽に話します。

「あのね、こないださ。何かあったら教えて欲しいっていったでしょ?」

爽は(奥森黎の秘密は手帳の中)というメールが受診していたことを話します。このメールの通り手帳を見たら爽の高校時代の写真が入っていたのです。

その夜、爽は黎の家に来て晶子と一緒に食事をしています。すると黎のスマホが鳴ります。昼間に面接した海老原・中川法律事務所からでした。内定が決まったのでした。

「おめでとう!ワイン開けなきゃ!」
「うちにも連絡しなきゃ!」

爽と晶子の二人が喜んでいます。その時、黎は庭の方から気配を感じて外を確認をしますが誰もいません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします