ドラマ「奥様は、取り扱い注意」あらすじとキャスト!綾瀬はるか×広末涼子×本田翼が主婦友達に!

奥様は、取り扱い注意

2017年10月4日(水)より日テレの水曜ドラマ「奥様は、取り扱い注意」がスタートします!同ドラマは主演に綾瀬はるかさんが起用されることで話題となりましたが、脇を固める奥様方に、広末涼子さんと本田翼さんを起用するなど、キャスティングだけでもかなり凄いドラマとなっています!これは絶対に見ないと!!

ということで、ドラマ「奥様は、取り扱い注意」はどのようなドラマなのか、チェックしていきましょう。

スポンサードリンク

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の原作、脚本、演出について

  • 日テレ:2017年10月4日(水)22:40〜
  • 原作:ドラマオリジナル
  • 脚本:金城一紀(CRISIS 公安機動捜査隊特捜班、BORDERシリーズ、SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ、GO…)
  • 演出:阿部雄一(ボク、運命の人です、ラストコップ、家売るオンナ、怪盗 山猫 、デスノート、○○妻、明日ママがいない、家政婦のミタ…)

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の原作や脚本

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」には原作がないドラマオリジナルの作品となっていますが、脚本に「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」や「SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ」で知られている脚本家・金城一紀さんが担当しています。

これね、かなり驚いたんですけど。金城一紀さんといえば今まではテロ組織や国家権力の闇に迫るテーマとした作品を多く手掛けていたことに、主婦をメインとしたドラマの脚本を手掛けるとはかなり衝撃的ですよね。一体何があったのでしょうか。そして、金城一紀さんはどんなドラマを描くのか非常に楽しみです。

あらすじを見る限りただの主婦の物語ではなくアクションもあるみたいなので、ちょっといろんな意味で期待をしてしまう作品と言えるでしょう。

演出は日テレのドラマを数多く手掛けてきている阿部雄一さん。最近では「ボク、運命の人です。」や「家売るオンナ」、そして「家政婦のミタ」も手掛けています。なかなかシュールな雰囲気のドラマに仕上がりそうですねー。というか、絶対に面白いと思います。

登場人物とキャスト

伊佐山 菜美(綾瀬はるか)

伊佐山 菜美(30)は閑静な高級住宅街に暮らす専業主婦で合コンでひとめ惚れしたIT企業経営者・勇輝(西島秀俊)と結婚をして穏やかな新婚生活を送っている。料理のセンスがなく上達しないことから夫の勇輝は自宅で夕食を食べてくれないのが悩み。

そんな普通の主婦に見える菜美だが、夫にも秘密にしている”ワケありの過去”を持っている。命掛けで手にれた温かい家庭に半年を経過する頃には物足りなくなってしまう。主婦の仕事は苦手だが正義感の強い性格で怒らせると怖い。主婦のトラブルが起きると解決するために悪人を次々と成敗していく。

大原 優里(広末涼子)

大原 優里(35)は菜美の隣に住んでいる主婦で一児の母。知識が豊富で行動力のあるお姉さん的存在。

佐藤 京子(本田翼)

佐藤 京子(28)も菜美の隣住んでいる主婦。高校時代に交際していたカレシと結婚した。人懐っこく表情が豊か。

伊佐山 勇輝(西島秀俊)

伊佐山 勇輝(38)は菜美の旦那でIT企業の経営者をしている。

大原 啓輔(石黒賢)

大原 啓輔(56)は 優里の旦那で大学教授をしている。イケメンなので学生から人気はあるが思いやりに欠けるタイプ。

大原 啓吾(川口和空)

大原 啓吾(10)は優里と啓輔の一人息子。

佐藤 渉(中尾明慶)

佐藤 渉(28)は京子の旦那で電気メーカーに勤めているサラリーマン。押しに弱いところがある。

佐藤 良枝(銀粉蝶)

渉の母親で同居をしているが、妻の京子に厳しい。孫ができることを待ち望んでいる。

相関図

主人公の伊佐山菜美は隣に住んでいる大原優里と佐藤京子と初めての友達になったというのが、ちょっとスゴイですよね。今までどうして友達ができなかったのか。

菜美の過去に何があったのかが非常に気になるところです。

スポンサードリンク

あらすじ(ネタバレ)

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、閑静な高級住宅街に暮らす専業主婦。合コンでひとめ惚れしたIT企業経営者・勇輝(西島秀俊)と穏やかな新婚生活を送っている。目下の悩みは、センスがなさすぎて料理がまったく上達せず、夫が自宅で夕食を食べてくれないこと。

実は、夫にも秘密にしている”ワケありの過去”がある菜美。波瀾万丈の過去を捨て、命がけであたたかい家庭を手に入れたのだが、新婚生活が半年経過する頃には、普通の主婦の普通の家庭生活が物足りなくなってしまい…。

そんなある日、菜美は隣人の主婦・優里(広末涼子)と京子(本田翼)に誘われて料理教室に通うことに。人生の知識豊富なお姉さん的存在の優里と、好奇心旺盛で人懐っこい妹的存在の京子。料理の味付けの仕方から、夫をその気にさせるムードの作り方など、今まで縁のなかった“主婦の知恵”について2人からアドバイスを受ける中で菜美は、生まれて初めての女友だちとの友情を育んでいく。

そんな中、同じ料理教室に通う知花(倉科カナ)が夫からDVを受けていることを直感した菜美は、優里と京子に相談。DVを受けている事実をひた隠しにしようとする知花の本音を聞き出すために、3人はまずは知花の“親友”になることを決意する。

他愛もない会話を交わす中で少しずつ菜美たちに心を開き始めた知花は、夫の喬史(近藤公園)に支配され続けている生活について告白。菜美たちは、知花を救うために喬史に直接話をしようとするのだが…。

果たして菜美は、“主婦”らしいやり方で問題を解決することができるのか?それとも…!?“普通”を知らない特殊すぎる主婦・菜美の新たな戦いが幕を開ける!!

「“普通”を知らない特殊すぎる主婦・菜美の新たな戦い」というのがキーポイントとなりそうです。なんたって脚本・原作者は金城一紀さんですからね。突然、国家の危機とか口走らないかとても心配です。

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の見どころ

何度も書いていますが、脚本が金城一紀さんということで、今まで国家の危機をテーマにした作品を多数手掛けてきた彼が「奥様」をテーマにどのようなドラマを生み出してくれるのか非常に楽しみです。

何気に西島秀俊さんがキャスティングされているのが面白いですよね。(CRISISに出演をしていたので…)

主演の綾瀬はるかさんをはじめ、広末涼子さん、本田翼さんなど、超美人系女優が3人も揃っているのも超見物です。

というか、この3人がお隣さん同士ってヤバい!どんなドラマになるのか本当に楽しみです!日テレの水曜ドラマはずっと好調を維持しているので、今回の「奥様は、取り扱い注意」の視聴率もかなり期待ができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします