さくらの親子丼 1話あらすじネタバレと感想!さくらの悲しい過去とあざみが深く関わっていた!

さくらの親子丼

真矢みきさん主演のオトナの土ドラ「さくらの親子丼」の第1話のスタートです!深夜の美味しそうな親子丼を見せつけられるので飯テロ確定ドラマですが、グルメドラマではなく、意外と泣けるドラマでした。なかなか面白いです。訳ありの若者が多すぎるだろうとツッコミを入れたくもなりますが。

スポンサードリンク

さくらの親子丼の謎の一つとして真矢みきが演じる主人公の九十九さくらがどうして行き場をなくした若者たちに親子丼を作り続けているのかということですね。これにはさくらの悲しい過去が関係していることになるのですが、その過去に深く関わっていたのが家出をしている二宮あざみ(吉本実憂)だったのですが、本当にこんな出会いがあっていいのかと思ってしまいますね。

普通なら憎しみで話すこともできない関係とも言えますが、あざみには罪がないのは確か。二人の関係はどう変化していくのか、楽しみです。

さくらの親子丼 1話 あらすじ(ネタバレ)

東京・大田区。羽田空港近くの町で、九十九さくら(真矢ミキ)は、古本屋「九十九堂」を営んでいる。古本屋の奥には“たまりば”と呼ばれる一室がある。ここでさくらは、行き場をなくして空腹で訪れる客に無料で親子丼を提供していた。

家出少女の二宮あざみ(吉本実憂)は、正木リエ(柳美稀)らと組んで非行を繰り返す毎日を送っていた。

ある夜、ヤクザに追われて逃げ込んだ公園で腹を空かしたあざみは、リエが聞きつけた「ただで親子丼が食べられる場所がある」という噂を頼りにたまりばにやってきた。

たむろしていたのは、少年院出所後、アイドルを目指す妹の夢のために貧乏ながらも懸命に働く君塚達也(今井悠貴)や、絵が得意だがコミュニケーションに難がある男性・玉置玄(矢野浩二)、さらに不良少年やひきこもりの少年など、少しだけ社会からはみ出した面々。突然訪れたあざみとリエに対し、さくらは深く詮索もせず温かい親子丼を差し出す。

久々に食べる心のこもった手料理をむさぼるように食べる2人。しかし「泊まる場所がないから一晩泊めてほしい」という申し出を、さくらはかたくなに断った。

親子丼の美味さに感動したあざみは、反抗的な態度をとりながらもたまりばに通うようになった。

ある日、たまりばに来ていたあざみは、達也に自分の生い立ちを話し出す。あざみは1歳のころ、生みの母親に殺されそうになり、それを止めに入った高校生のウェイターが巻き添えにあい殺されたのだという。何気なくその話を耳にしていたさくらは呆然と立ち尽くす。実はさくらの息子も、事件に巻き込まれて死亡していたのだった。運命のいたずらとも言えるあざみとの出会いに、さくらがとった行動とは…?

スポンサードリンク

あざみとさくらの交差する過去

親子丼を食べに九十九さくら(真矢ミキ)が営む九十九堂にやって来た二宮あざみ(吉本実憂)は親子丼を食べながら君塚達也(今井悠貴)と話をしています。

「ねえ、なんで親子丼なの?」
「さくらさん?親と子が仲良く丼に入ってるからだって。ここにいる人って親とうまく行っていない人多いから。君はどう?親とうまく行ってる?」
「よく知らない、一歳の時に捨てられたし。わたしが生まれる前に父親は消えたし。母親は笑えるよ。人殺して刑務所に入った。ファミレスでステーキ食べててウェイターを刺しちゃったんだって。本当はさ、私を殺すつもりだったらしいけど止めに入ったウェイターを…死んだの高校生だって。どう?笑えるでしょ?」

その話を隣の部屋で聞いていたさくらは気を取り乱しています。

「そんな…」

さくらは息子の部屋に行きます。そこには高校で時が止まったままの息子の写真が。

「こんなことってある?母さん、どうしたらいい?」

あざみは帰宅したようです。そしてさくらは外に飛び出して走り出しあざみを探します。しかし、あざみの姿はありません。さくらは息子の悠平が遺体安置所にいた時のことを思い出しています…。

その頃、あざみは以前にカツアゲした奴らに襲われてしまうボコボコに…。

…さくらが外で物音がするのに気付いて外に出ると怪我をしているあざみの姿が…。さくらは部屋に入れて手当をします。

「ねえ、聞いちゃったの。あんたの親のこと。お母さん、今どうしてるの?」
「..知らない。」
「そう。」

さくらは部屋を出て階段の下で座り込み深いため息をつきます。

達也の過去もヤバイ

アイドルを目指している君塚達也の妹・みかがオーディションを受けています。その後、みかは事務所の人たちに連れられて達也の元に現れるのでした。

達也は走ってさくらの元に。妹のみかがオーディションに合格したのでした。しかし、両親がいない達也とみかだったので、さくらに保証人になって欲しいと事務所の人を連れてやって来たのでした。

「あ。その前に。お兄さんの事件のことは…。」
「知っています。」
「うちとしてはあの事件はなかったことにするつもります。ミカさんのお父さんは病気で亡くなった、お兄さんは交通事故で亡くなった。もし自分の兄が父親を殺した。そんなことが公になったらアイドルとしては致命的です。」

この話を隣の部屋であざみが聞いています。

事務所の男は100万円を差し出し「これでなかったことに。みかさんはトップアイドルになる可能性があるんです。」と。しかし、さくらは「そんなのダメです!達也は一生懸命に生きているんよ。」と言いますが、達也は「ミカのためだから…いいですよ。」と100万円を受け取るのでした。そして、ミカは寮に入って生活をすることに…。

「達也。本当にそれでいいの?」
「さくらさん、100万円だよ。こんな大金初めて見たよ…。」
「達也!!」
「いいんだ。これで。」

達也は振り返らずにその場を去って行きます。

さくらはあざみに達也の父親について話をしています。父親は酒癖が悪くいつも母親を殴っていたのだという。そんなある日、達也は包丁で父親を刺したのでした。そして達也は少年院行きに。母親は行方不明に。つまり達也は捨てられたのだという。

「あの子は大人を信じてないの。だから自分の力でみかちゃんの夢を叶えてあげようとしたの。」
「だからって金をもらって死んだことにしていいのかよ。負け犬じゃねーかよ。」

あざみはその場を去って行きます。

スポンサードリンク

ある日、働いている達也の元にみかが現れます。

「やめる?ダメだよ!」
「お兄ちゃんを死んだことにできないよ。ミカはお兄ちゃんと暮らしたい。」
「ミカ。」

すると事務所の男が車で現れます。

「約束が違うだろうが!」

男は達也の胸ぐらを掴み突き放します。そしてミカを無理やり車の中に…。それを見ていた達也は衝動的に近くにあった鉄棒を使って男の頭を思い切り殴りつけるのでした…。

さくらは達也とミカを保護し警察に通報、現行犯で逮捕されることに。男は命には別状はないということでさくらは安心します。そしてさくらは警察に土下座をして最後に親子丼を食べさせてあげたいと…。

「いくつになってもちゃんとお箸を持てないね。」
「…さくらさん、俺。まだやり直しきくかな?」
「それはあんた次第だよ。これくらいのことで凹んでどうするのよ。人生まだまだ長いのよ。…帰ってきたら、真っ先にここに来るんだよ。ここがあんたが帰って来るところだから。さくらさん、親子丼作って待ってるからね。待ってからね。」

「ごめんね、お兄ちゃん。」
「お前は何も悪くない。全部俺が悪いんだ。せっかくアイドルになれたのに。」

さくらは二人に「泣きたい時は泣けばいい、流した涙の粒だけ、幸せの花が咲くんだからね。」と話します。この様子をあざみが見ていました。そして、達也は逮捕されて行きます。みかは行く場所がなくなり施設に入れられることに…。

あざみは親子丼を食べたら名前を書く紙に本名の「二宮あざみ」と書き直します。

さくらの親子丼 1話 感想

意外と面白いドラマでした。もっと軽い感じのドラマなのかなーって思ってたら結構重いストーリーが展開されましたね。

さくらの息子の悠平は高校生の時にアルバイト中にあざみの母親に刺されて死んでしまった。その時にいた1歳だったあざみが16年後にさくらの前に現れて、親子丼を食べさせている。なんと皮肉なんでしょう。この事実を知った時に取り乱していたさくらですが、後半は普通に接していました。子に罪はない。親と子のつながりを大事にしているさくらはそう思ったのかもしれません。

まだ出会って間もない二人ですが、ストーリーが進むことでどのような心境の変化が訪れるのか。あざみが自分の母親がさくらの息子を殺したことを知ったら、どう思うのか。非常に心配ですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします