刑事ゆがみ 1話 あらすじとネタバレ感想!ヒズミ(山本美月)はドラマオリジナルキャラ?

2017/10/12

刑事ゆがみ

フジテレビの木曜ドラマ「刑事ゆがみ」の第1話が2017年10月12日からいよいよスタートします。フジの木曜ドラマの視聴率はかなり低調に推移しており今回もかなり厳しいことになる予感がします。

スポンサードリンク

しかし、「刑事ゆがみ」は浅野忠信さんと神木隆之介さんがメインキャストとかなり豪華。雰囲気としてもなかなか面白そうですし、久しぶりに木曜ドラマを見ることができるようにも思います。(最近の木曜ドラマは途中で離脱することが多かったもんで…)

原作について

ドラマ「刑事ゆがみ」のビックコミックオリジナルで連載中の井浦秀夫さんの漫画・刑事ゆがみが原作となっており、現在3巻まで発刊されれている作品ですね。

主人公がパッと見で浅野忠信さんに似ていて雰囲気があっていい感じではないでしょうか。

井浦秀夫さんの作本で「弁護士のくず」が小学館漫画賞を受賞するなど話題作を手がけた方の作品ということで、かなり楽しみです。漫画の方が続いていることもあり、最終回がどのような形で終わるのかがちょっと気になるところではありますが、刑事ドラマは続編を作りやすいコンテンツでもあるので、もし好評であればシーズン2の可能性も出てくるのかもしれませんね。

登場人物(キャスト)

刑事ゆがみの主要キャストは主人公の弓神適当の浅野忠信さん、羽生虎夫の神木隆之介さん、菅能理香の稲森いずみさんの3人です。

弓神適当(浅野忠信)

主人公の弓神 適当(ゆがみ ゆきまさ)はうきよ署刑事課強行犯係の刑事で普段は適当でだらしない。人と一緒に行動することを嫌っておりゆがんだ性格の変わり者だが、軽い感じで人から話を引き出していく能力に長けている。ひとたび事件の捜査になると、そのゆがんだ性格と鋭い観察眼を武器に違法捜査スレスレでも構わず“事件性なし”とされた完全犯罪の裏側に隠された犯罪者たちのゆがんだ心を見抜き、巧みな話術で犯人の化けの皮を剥いでいく。

羽生虎夫(神木隆之介)

うきよ署刑事課強行犯係の新米刑事で真面目で正義感が強く優秀で規則を守る几帳面なタイプの。しかし、出世するために腹黒い部分も垣間見える。はちゃめちゃな言動で捜査する弓神に振り回されながらも時には弓神にツッコミを入れていく。

菅能理香(稲森いずみ)

うきよ署刑事課強行犯係の警部補で弓神の上司でもある。弓神の適当さに飽きれる一方で勝手な行動で真犯人にせまる弓神を信頼している部分もある。

多々木 挙男(仁科貴)

うきよ署刑事課強行犯係の刑事で巡査部長。昔はエリート刑事だった弓神の人格が変わってしまったのは「連続殺人小説家事件」のトラウマではないかと考えている。

町尾守(橋本淳)

うきよ署刑事課強行犯係の刑事。

氷川和美(山本美月):ドラマオリジナルキャラ

ヒズミこと氷川和美は警察組織に属していない敏腕ハッカー。豊富なサイバー知識を生かしたリサーチ能力などで弓神の捜査をサポートしている。過去に巻き込まれた大きな事件により声を失っている。

山本美月さんが演じるヒズミはドラマオリジナルキャラクターとなっており、過去の事件というのが弓神が関わった事件と関わりがありそうな予感がしますね。この手のドラマでハッカーってよく登場しますが、女性であることが多いような気がしますね。CRISISもそうでしたし。

とにかく、山本美月さんが可愛いので、このキャスティングはナイスだと思います。

刑事ゆがみ 1話 あらすじ(ネタバレ)

スポンサードリンク

第1話のゲストに7年ぶりのドラマ出演となる小倉優子さんが登場します。

弓神適当(浅野忠信)はうきよ署強行犯係の刑事。適当でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌う変わり者だ。だが、ひとたび事件の捜査になると、常識やレッテルに惑わされず、ただひたすらに真実を追い求める男だった。

そんな弓神とバディを組むのは、上昇志向と正義感が強い若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介)。早く出世したいと考える羽生にとって、違法捜査もお構いなしの弓神はやっかいな存在だ。弓神とは同期でもある強行犯係係長の菅能理香(稲森いずみ)も自分勝手な弓神には手を焼いていた。

ある日、女子大生の押田マイ(小倉優香)が、歩道橋下で仰向けに死んでいるのが発見される。死亡推定時刻は深夜1時。マイは酒を飲んで帰宅途中に、誤って階段から転落した可能性が高かった。が、死体を見て何かを感じた弓神は、羽生を巻き込んで勝手に捜査を始めてしまう。

弓神は、ハッカーの“ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)からも情報を得て、事件当日、マイと一緒に飲んでいた友人・倉間藍子(大後寿々花)に会いに行く。すると藍子は、1週間ほど前にマイが電車内で痴漢した男を捕まえたこと、男から現金を受け取り警察には届けなかったこと、そして、その夜から嫌がらせを受け始めたことを打ち明ける。

弓神たちは、痴漢騒動があったうきよ台駅を訪れ、当日勤務していた駅員・坂木望(杉咲花)から話を聞く。望とは中学時代の同級生だった羽生は、思わぬ再会に心が躍る。やがて、弓神と羽生は坂木の協力を得て、痴漢疑惑の男・沢谷(岡田義徳)を発見するが…。

被害者は痴漢をでっち上げ金銭を要求していた?

羽生は沢谷を任意同行で警察署に。菅能が取り調べをして羽生と弓神は沢谷の妻(小倉優子)に話を聞きに行きます。沢谷はよくできた夫で帰りはいつも深夜1時頃だけど時間のある時は家事や子供の面倒を見てくれるのだという。

一方で沢谷が仕事が終わる時間から見ると0時には帰宅することができるはずだと追求されるものの、その日は電車で寝過ごしてしまったのだという。

署内に戻った羽生。その時、駅員の坂木から電話が鳴ります。弓神が何かあったら連絡をしてくれと羽生の番号を教えていたのです。

翌日、坂木から呼び出された羽生は駅に行きます。すると、そこには弓神もいました。二人きりになれると思った羽生はかなりガッカリした様子。坂木は被害者の女性・押田マイの落し物に30万円が入った財布が入っていたのだと。押田マイは痴漢常習者からお金を受け取ったのは初めてではないのではと。

調査をすると大学生の押田マイの預金は1000万円以上もあることが明らかに。痴漢をでっち上げていた可能性がある。そして、あるネット掲示板に押田マイの誹謗中傷の書き込みがあったのだという。

「遺留品にスタンガンなんてなかったよな?」
「スタンガン?なかったと思います。」

その日の夜、羽生は現場に行ってスタンガンが落ちていないか探しています。しかし、スタンガンは見つかりません。弓神も押田マイの自宅に行ってスタンガンがないか探している…のかと思ったら、漫画喫茶で“ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)に掲示板のIPアドレスの割り出しをしています。

スポンサードリンク

倉間藍子が押田マイを誹謗中傷していた

IPアドレスから掲示板の書き込みは女子大のパソコンルームだったことが明らかに。押田マイの友人・倉間藍子(大後寿々花)が誹謗中傷の書き込みをした可能性が出てきました。

羽生と弓神は坂木のところに行き痴漢被害にあった人のリストを見させてもらっています。

「痴漢をでっち上げる人ってどういう人が多いの?」
「皮肉なんですけど痴漢被害にあった人が多いみたいです。楽して小遣い稼ぎをしたいだけかもしれないけど、巻き込まれた家族とか本当に大変みたいです。」

「警察に相談すればいいのにね。」

「痴漢冤罪って証明するのが難しいって聞いた。」
「だからヤラセ女がうじゃうじゃいるんだよね。でさ、男側も罪を問われるより金で解決。」

弓神がそっちにある資料も見せてくれと手を差し出した時にコーヒーをひっくり返してしまい、白色の手袋をしている坂木の手にコーヒーが掛かってしまいます。しかし、坂木は手袋を外すことはありません…。

羽生と弓神は女子大に行って倉間藍子の元に。父親が痴漢冤罪で自殺をしてしまった過去を持っていたのです。

「だから痴漢をでっち上げて金銭を巻き上げていた押田マイさんにたいして恨みを持っていたんですよね。ネットの誹謗中傷はあなたがやったんですね。」

「…ムカついたから。私が誘ったんです。痴漢からお金もらおうって。マイはスタイルもいいし美人だし。痴漢から狙われるとおもって。」
「お父さん、痴漢の容疑を掛けられて亡くなってるんですよね?」

「だからだよ。ねえ?」
「恨むべき相手は痴漢ですからね。」

しかし、押田マイは触られた方が8割のお金をもらう条件を出してきて、押田マイばかりが稼いで倉間藍子はどんどん惨めになっていったのだという。しかし、押田マイの家に落書きをしたのは彼女ではないのだという。

その夜の20時。倉間を待ち伏せするために羽生は駅に張り込みをしていると弓神から連絡が入りパソコンがある駅員室に行ってくれと。坂木がいると思い素直に駅員室に向かうことに。

「今日は仕事何時まで?」
「夜中までかな。でも明日休みだから。」
「仕事好きなんだね。」
「駅って結構楽しいんだよ、いろんな人の人生を垣間見えるっていうか。」

「これ、弓神さんから協力のお礼だってもらった。羽生くんと二人で行ってきたらって。」

坂木は映画のチケットを引き出しから出します。

「え?来たの?失礼なことなかった?」
「あったよ。羽生は童貞だから気をつけろって。」
「ふざけるなよ!あいつ。…違うよ?」
「大丈夫だよ。」

▪️刑事ゆがみはFODで配信されます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします