明日の約束 7話あらすじとネタバレ感想

明日の約束

関テレ・フジテレビの火曜ドラマ「明日の約束」の第7話です!辻先生と長谷部を襲ったのはまさか、香澄だったことが明らかになりました。この子もかなり闇が深そうな感じですね。そして、霧島先生も何かが怪しい。なのかを隠している、そんな感じです。第7話はどのような展開を迎えるのか?

スポンサードリンク

視聴率は4%台に下落

ドラマ「明日の約束」の1話から6話の視聴率は以下のとおりとなっています。

  • 1話:8.2%
  • 2話:6.2%
  • 3話:5.4%
  • 4話:5.8%
  • 5話:5.1%
  • 6話:4.6%

ついに前回の第6話で4.6%という数字を叩き出してしまいましたね…。この視聴率は前クールの「僕たちがやりました」の最低視聴率の5.2%を下回る数字です。初回視聴率から半分近く数字を落としてしまうことになってしまった「明日の約束」ですが、今後の巻き返しを図ることができるのか?

香澄は圭吾の仇を取ろうとしていた

辻先生と長谷部を襲ったのは香澄だった。中学生の時にいじめてたやつを殺して自分は死のうと思っていた。しかし、その時に圭吾に「香澄姉ちゃんが汚れることはない。僕がやるから。」と、圭吾が香澄をいじめていた望月朱里を歩道橋の上から突き落としたのです。

だからこそ、圭吾を助けることができなかったことに対して罪悪感を感じていたのです。香澄は「私、まだやることあるから。あと一人、絶対に。」と言って日向の前から消えました。あと一人。とは一体誰のことなのか?

香澄と圭吾の担任だった霧島先生が標的なのかなと思うのですが、どうでしょうかね。霧島先生も何か隠していることがありそうですし、前にいた学校では何かトラブルを抱えているみたいですしね。このあたりの謎がそろそろ明らかになってくるのでしょうか。

明日の約束 7話 あらすじ(ネタバレ)

不登校が続いていた1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。以来、学校とバスケ部にはイジメによる自殺ではないかと非難の声が殺到。圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)も敵意をあらわにし、学校や担任教師の霧島(及川光博)、スクールカウンセラーの日向(井上真央)相手に訴訟を起こすと宣戦布告する。

そんななか、バスケ部顧問の辻(神尾佑)とキャプテンの大翔(金子大地)が立て続けに襲われた。犯人らしき人物を見たという話を生徒から聞いた日向は、犯人が圭吾の幼なじみで、2年前に学校を辞めた香澄(佐久間由衣)だと気付く。実は退学後、香澄は自分をいじめた人間に復讐をしようと考えていたが、計画を知った圭吾が代わりに実行してくれたのだという。だから今度は、自分が圭吾に代わって復讐を――。日向は罪を認めた香澄を説得するが、香澄は「まだやることがある」と言い残して行方をくらませてしまう。

数日後、香澄のことを知った記者の小嶋(青柳翔)が日向の前に姿を現す。小嶋は、香澄が最後に真紀子を狙うのではないかとにらんでいた。それもそのはず、ネット上には真紀子が毒親であることや、そのせいで圭吾が自殺したと悪評の数々が書き込まれていたのだ。当然、それらの中傷は本人の目にもとまり、怒りを覚えた真紀子は早速弁護士に相談する。

一方、結婚のあいさつをするため本庄(工藤阿須加)の実家を訪ねた日向は、そこで初めて本庄に兄がいて、11年前に事故で亡くなったことを知る。さらに、結婚を機に毒親である母・尚子(手塚理美)と自分の関係をなんとか修復させようと意気込む本庄に、うまく本心を伝えられない日向。家では、尚子が何度か会ううちに本庄のアラが見えてきたと言い出し、「ああいうタイプには気をつけた方がいい」と苦言を呈して…。

辻と長谷部を襲ったのは香澄。日向はどうするべきか迷っていましたが霧島が全てを警察に話しをするべきだと。

その後、警察に話をするものの不明確な部分が多いため説明するのが大変だったと日向は校長に話をします。校長は圭吾の報告書を日向に渡します。先生方がチェックをしたのちに家族に送るのだという。

日向がカンセラー室で書類をチェックをしているとバスケ部のマネージャーの希美香が部屋に入ってきます。昨日、長谷部のお見舞いに行った帰りに入ったお店で圭吾の妹が援助交際をしていたのだという。

「それって本当に援助交際なのかな?」
「彼女の表情、少し前の自分を見ているみたいだった。母親と自立するならお金が必要だと思った。私はやってないですよ。母親と同じになりそうで嫌だった。だから心配で。」
「そっか。妹さん、何かを思いつめているのかもしれないね。」

日向は校外のことだから手助けすることは難しいけど、また何かわかったら教えてと。そして長谷部の暴行動画の流出の件について、霧島先生と日向が疑われているのだという。

スポンサードリンク

「私と藍沢先生が?あの時、教室に先にいたのは僕です。つまり怪しいということですね。でも僕にも藍沢先生にそんなことする理由がない。疑心暗鬼になっているんでしょう。そもそも、渡辺の発言も真実かどうか証明できません。吉岡の件も同様です。どの証言も自殺の証明には至らないでしょう。」

「霧島先生、実は、報告書に書いていないことで伝えるべきか悩んでいること…。吉岡くんが亡くなる前日、吉岡くんに告白されたんです。好きになったから付き合って欲しいって。」

この真実に霧島は驚いてしまいます。

「今まで黙っていて申し訳ございません。」
「いえ、まさか、それが原因で命を絶ったと思ってるんですか?」
「なくはないかと…。もっと正しい受け答えがあったんじゃないかって。」

しかし、霧島は深刻に受け止め過ぎだという。昔のことだが霧島は女子生徒に告白されたことがあったと。もちろん、断る以外の選択肢はなかった。日向の対応には落ち度はなかったと。

その夜、本庄は日向の母親に結婚の挨拶をしています。今度、食事会をするという話でまとまりつつあります。そして、本庄が帰っていきます。母親と二人きりになった日向。

「それにしてもあれね、3回くらい会うと鼻のつくところが出てくるわね。」
「どういう意味?」
「なんか、心がこもっていないというか。あーいうタイプは気をつけたほうがいいわよ。自分の思い通りにならないと豹変するかもしれないよ。」
「じゃあ、食事会やめる?」
「そういうつもりで言ったわけじゃないわよ。心配しなくても直接は言わないから。」

(あの人の、無神経な言葉は私の心を削る。私も中学の時にはこの家を出たいと思っていた。母親から離れたくて、自分が無力な子供であることを呪っていた。)

翌日。報告書がまとめられ吉岡の家に渡されることになります。と、宮崎先生が日向に話があると。香澄の居場所はまだ分かっていないようです。

「彼女、あと一人って言ってたんでしょ。誰のことでしょうかね。」
「それはわかりませんが…。」

「あのさ、霧島先生のこと、どう思う?冷静っていうより人ごとっぽいというか…。」

宮崎先生は霧島に対して何かを感じているようです。

日向が帰宅中に香澄に電話をかけてみますが留守番電話に繋がってしまいます。すると、そこに週刊誌記者が。香澄が狙っているのは圭吾の母親ではないかと。しかし、母親だけが悪いとは思わないと。父親は別居していて愛人までいたのだという。そんな家族だから母親の圭吾に対する執着が凄かったのだという。圭吾は相当ストレスが掛かっていたのではないかと。

その頃、真紀子は学校の報告書を見て責任逃れをしているから早く告訴をして欲しいと弁護人に話をします。しかし、弁護人は別件もあるからもうしばらく待って欲しいと。

「わかりました。もう一つ、お願いしたいこともありますし。」
「何でしょうか?」
「ネットの掲示板に事実無根の中傷が書かれているんです。圭吾の自殺は母親のせいだと。書き込んだ人間を特定して訴えることはできますよね?お願いしたいんです。」

しかし弁護人は一つ一つ解決していこうとなだめます。どうやら、この弁護人は毒親である真紀子に対して、あまり関わりたくない、そんな様子です。

日向は週刊誌記者に望月がリハビリをしている病院を教えてもらい、会いに行きます。

「香澄のことですか?」
「ええ。」
「警察から連絡ありましたよ。香澄、今逃げているんですよね。」
「全然連絡つかなくて。」
「…逃げ切れればいいのに。」
「え?」

「あ、すみません。私もう帰るんで話を聞きたかったらまた来てください。」

そう言って、その場を去っていきます。

本庄家と藍沢家の食事会に向かう日向。すると1年B組の女の子二人組とばったり遭遇。二人は圭吾の家に焼香を希美香と一緒に行ったが、希美香が圭吾の妹を追いかけて見失ってしまったのだという。

「どういうこと?」

圭吾の妹が男と会っています。

「可愛いね、君。移動するから車に乗って。」

と、希美香が発見し追いかけています。

「待って!やめよう、こんなこと後悔するから。」
「関係ないでしょ。」
「関係ある。圭吾と同じバスケ部だったし。それに、私の親、私のことを見てくれない人だったから。ね?一緒に帰ろう。」

男は何を言っていんだと希美香を突き飛ばします。

「ちょっと!」

もみ合っているところに日向が現れます。

「乱暴はやめてください!警察、呼びますよ!」

日向は本庄に電話をして少しトラブルが起きたから遅れると…。日向は圭吾の妹の英美里にどうしてこんなことをしているのかを聞きますがお金が欲しいからだという。しかし、日向は家のことで悩みがあるのではないかという。圭吾のこともあり英美里のことを心配しているのだという。

「ずっと前からお兄ちゃんのことしか見ていなかった。あの人はお兄ちゃんの声しか聞いていない。お願いだからお母さんには言わないでください。」
「英美里ちゃん。」
「連絡して、このこと話して、それでも迎えに来てくれなかったら。あの人にとって私は…。」

日向が英美里を連れて家に帰ります。

「どうしてあなたが娘と?」
「それは..。」
「入りなさい、早く。」
「あの、英美里ちゃんの話を聞いてあげてください。」
「圭吾を助けることができなかったあなたが娘のことにまで口を出すんですか?迷惑ですからお引き取りください。」

本庄から食事会は解散になったとメールが入ってきます。そして母親から電話が…。

「ママに恥をかかせるために来なかったわけ?ママが頭を下げて帰ってもらったのよ!何がトラブルよ!もう終わりよ!終わり!あんたなんて子はね!」

日向は電話を切りスマホの電源を切ります。その頃、霧島は一人で喫茶店でパソコンを打っています。その目の前に香澄の姿が…。その頃、真紀子は英美里のことを心配し部屋の前に。ノックをしようとしますがやめて圭吾の部屋に。するとスマホに着信があることに気付きます。

日向は本庄のアパートに。

「ごめん、カズ。私…。」

本庄は部屋に入れてコーヒーを淹れます。

「飲みなよ。」
「ありがとう。」
「今日、どうして来れなかったの?」
「ちょっと、色々あって。本当にごめん。」
「僕やうちの両親はいいんだ。でも日向のお母さんには悪いことをした。両親にも気を使って。」

日向は母親は外っつらだけはいいのだという。両親に愛されて育ってきた本庄には自分の気持ちは分からないと。

「もう、私とあの人の間に立とうとは考えないで。あの人はそういう人じゃないから…。」

すると本庄は目の前にあったコーヒーを手でぶちまけるのでした。

その頃、霧島先生の後ろにパーカーで顔を隠した香澄の姿が…。
その頃、真紀子が圭吾のスマホを確認しています。

(僕はお母さんのせいで死にました)

本庄は日向を突き飛ばしていました。そして髪の毛を引っ張り「親を悪くいうな…!」と鬼の形相に…。

▪️明日の約束はFODとU-NEXTで最新話を見逃し配信しています!(見放題プランは対象外となっています。)

U-NEXTなら登録時に600ポイントもらえるので、そのポイントを使って「明日の約束」を見ることができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします