トドメの接吻(キス)8話のあらすじネタバレ!

2018/02/25

トドメの接吻(キス)

日テレの日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」の第8話ということでストーリーも佳境に入ってきました!旺太郎、宰子、美尊の三角関係が垣間みる展開となりましたが、どのように物語が進んでいくのか?

スポンサードリンク

旺太郎は宰子のことをどう思っているのか?

トドメの接吻(キス)第7話では旺太郎は死んでしまった自分を助けるために宰子が美尊にキスをして時間を戻したことを知り、自分を助けてくれた理由について問いただします。

美尊が旺太郎のことを本当に愛していることを知った宰子は「あなたへの思いを残したまま会わせてあげたかった。あなたを幸せにできるのはあの人だから。」と自分の気持ちに蓋をすることに。

「お前はそれでいいのかよ?」
「いい。それが私が生き残った理由だと思うから。私はそれを自分の幸せにする。私、道具になる。あなたの役に立つ道具になる。」

この言葉を聞いた旺太郎は宰子を抱き寄せることに…。そこに美尊が現れたことで修羅場になりそうな雰囲気になっていますが、旺太郎は宰子のことが気になり始めているということなのでしょうかね。なんか三角関係に発展してきたような。

尊氏は宰子の能力に気付く?

尊氏の前に現れたストリートミュージシャンの晴海は「過去に戻ることができる人間がいるって知ってる?」と意味深な言葉と宰子の写真を尊氏に残し去って行きます。

この写真から宰子が2年前のクルーズ船事故の乗客の一人であることを知り、晴海の元に行き宰子の秘密を探る行動をしています。尊氏は宰子の過去に戻ることができる能力について知ることになるのでしょうかね。

もし、そんなことになれば尊氏も宰子の唇を奪いにくる状況になり、かなりカオスな展開が予想されますが、トドメの接吻(キス)はどのような結末に向かおうとしているのか?

視聴率について

「トドメの接吻(キス)」の視聴率は以下のとおりに推移しています。

  • 第1話:7.4%
  • 第2話:6.5%
  • 第3話:7.1%
  • 第4話:6.7%
  • 第5話:7.3%
  • 第6話:5.9%
  • 第7話:7.3%

トドメの接吻(キス)は第1話から6%〜7%で推移していましたが、第6話で5.9%に急落してしまいましたが、第7話で7.3%と持ち直すことに。第6話はたまたま落ちてしまっただけなのかもしれません。

スポンサードリンク

トドメの接吻(キス)8話あらすじとネタバレ

旺太郎おうたろう(山﨑賢人)の幸せのために道具として生きる決意をした宰子さいこ(門脇麦)のいじらしさに心を打たれ思わず抱きしめた旺太郎だが、美尊みこと(新木優子)に見られたことに気づき咄嗟に宰子のことを面倒を見ている遠い親戚だと紹介する。

タイムリープを夢の出来事だったと思う美尊は、夢の中で自分にキスをした宰子が実在することに驚きながらも、旺太郎に結婚を前提に付き合って欲しいと告白する。

一方、旺太郎に協力している宰子の正体を春海はるみ(菅田将暉)からほのめかされつつはぐらかされた尊氏たかうじ(新田真剣佑)は、美尊と旺太郎の交際を応援するふりをして、旺太郎と宰子を並樹家に招くことに。

そしてその頃、布袋ほてい(宮沢氷魚)に襲われ未だ意識の戻らない長谷部はせべ(佐野勇斗)の病室の周りには旺太郎の父・あきら(光石研)が現れて…。

宰子と共に並樹家を訪れた旺太郎は美尊に婚約指輪を渡し、尊氏の前で結婚への駒をすすめるが、なぜか余裕を見せつつ宰子について執拗に探りを入れてくる尊氏を不気味に感じる。

そして翌日、旺太郎のもとに長谷部が病室で殺されたという連絡が入る!なんと犯人として捕まったのは旺で…!!

事件を受け旺太郎との結婚に反対する声が高まる中、美尊は尊氏の優しい言葉に揺れる。一方、自分の幸せの邪魔ばかりする父親に激しい怒りを感じる旺太郎は、タイムリープをして旺を助けようという宰子の提案をなかなか受け入れられず、沈没事故での服役後、自分たちに何の説明もなく姿を消した旺への長年の怒りに苦しむが…。

そんな中、尊氏が宰子のアパートに訪れる。宰子の秘密を力ずくで暴こうとする尊氏の前に現れたのは旺太郎で…。

宰子にキスをした旺太郎は尊氏の目の前でタイムリープし、長谷部が殺される直前の病室へと走る!そこで旺太郎と宰子が見たのは旺の意外な行動だった…!? 自分の思惑を旺太郎にことごとく潰され、美尊の気持ちを取り戻せないことに苛立つ尊氏は、さらなる過激な手に出ようとしていた…。

長谷部が再び狙われる

宰子とキスをした旺太郎は7日前に戻り長谷部の病室に。すると、看護師の男とぶつかってしまいナイフが転げ落ちることに。長谷部を殺したのは尊氏が長谷部の監視役につけていたこの看護師だったのだ。

旺太郎が長谷部の病室に行くと、父親の旺が長谷部にあの防犯カメラのテープを持っているなら旺太郎に渡さないで欲しいとお願いをしている。あのテープを見たことでよからぬことを考えるのではないかと心配していたのだった。

そこに旺太郎が病室に入って行きます。

「旺太郎?」
「コソコソ長谷部のところにきてどういうつもりだ?家の前まできてまた逃げたんだろ?本当に変わらないな。でも、俺は変わったよ。あんたに逃げられて苦労したおかげで強くなった。あんたを助けにきたわけじゃない。あんたと別れるためにここにきたんだ。もう二度と会うことはない。」

「すまなかった。」
「遅えよ。顔も見たくねえ。」

旺は病室から出て行きます。宰子は旺を追いかけて行く。

長谷部を襲ったのは布袋だったことを長谷部に伝え尊氏が指示をしたのだろうと。

翌朝。尊氏が長谷部の病室に行くとそこには長谷部の姿はなく旺太郎の姿は。

「長谷部は?」
「無事に目を覚ましましたよ。他の病院に移さなくてもよかったのかなー?だって、またお兄さんに命を狙われたらいけないでしょう?」

「何の冗談だ?」
「冗談なんかじゃない。長谷部を殺してその罪をまた僕の父親にきさせるつもりだったんでしょ?12年前と同じように。」

「何のことかな?」
「長谷部に聞いてみます?あいつもテープの中身を見てるんで。まあテープがなければ警察も動いてくれませんからね。でも美尊さんなら長谷部の言うことは信じるかもね。どうします?お兄さんが並樹グループから出て行くなら長谷部に黙っておくように説得しますけど?」

「そこまでして金が欲しいのか?」
「こっちは払わなくても事故の賠償金を払わせられたんだ。」
「…僕は美尊さえいればそれでいいんだ。あの時、乗馬クラブでしっかりと気持ちを伝えておけばよかったですよね。人生って本当に後悔の連続ですよね。」
「…クズだな。君は。」
「お兄さんもなかなかのもんですよ。」

スポンサードリンク

宰子が旺太郎の家に住むことに

旺太郎は尊氏が宰子に何か秘密を掴みそうになっていることを警戒して一緒に住むことに。

宰子は光太の靴を旺太郎に返します。さらに旺の連絡先も。

「話すことないよ。どうせあいつは逃げるから。」
「あなたも…逃げてる。あなたも私もみんな逃げてた。あなたなら乗り越えられると思う。光太君のために。」
「買いかぶんなよ。」
「私はあなたを信じている。あなたが私を信じてるって言ってくれたから。」

旺太郎は電話番号を受ける。

「先に俺の家に行ってろ。」

旺太郎は宰子に鍵を渡して旺の元に…。

旺と旺太郎

旺太郎はどうして家に帰ってこなかったのかを旺に問い詰める。

「なんで逃げたんだよ?それくらい答えろよ。」
「見たんだ。かあさんが光太を探しているのを見たんだ。死んでいるのに。なのに必死で探し続けていた。辛かった。辛くて、かあさんに声をかけられなかった。私が弱かったせいで。本当にすまない。」

旺太郎は光太の靴を渡す。

「これは…」
「12年前のあの日に光太が履いていた靴だよ。宰子も乗ってたんだ。あの船に。光太が俺たちを会わせてくれたのかもな。」
「光太が…。」
「行ってやれよ。おふくろに持っていってやれよ。おふくろも逃げてるんだよ。あの時からずっと。」

旺は今も光太を探しチラシを配っている旺太郎の母親の元に。

「かあさん。いなくなってすまなかった。本当にすまなかった。」

そして、光太の靴を渡す。

「光太はもういないんだよ。旺太郎が言ってくれたんだよ。これを母さんに持っていけと。あいつが一番辛いはずなのに。旺太郎が助けてくれた。」

「旺ちゃん…ごめん…。」

母親は泣き崩れ二人は抱き合います。その様子を後ろで見ていた旺太郎。そして宰子に電話をかける。

「宰子。靴は渡した。ありがとな。」
「ううん。」
「あとさ、道具だなんて言うなよ。俺は宰子を道具とは思ってない。お前さ、料理とか作れるの?地味な一人暮らしだから自炊くらいしてるんだろ?」
「い..一応作れる。」
「じゃあ、作ってくれ。今から帰る。」
「分かった。待ってる。」

電話を切る二人。その時、何か嫌な予感を感じた旺太郎。宰子はスマホを床に落とし呆然としている。旺太郎は走って家に帰る。その時、宰子がいる旺太郎の部屋にノックが…。

「君に恨みはないんだ。悪いのはあの男なんだ。どうして、いつもあの男に邪魔をされるのか。君が力を貸しているんじゃないのか?」

宰子は尊氏に拉致されることに。

「例えば、君がいれば過去に戻れるとか。どうなんだ?」

旺太郎が家に戻るがそこには宰子の姿はない…。

 

Huluでアナザーストーリー「トドメのパラレル」がスタート!

ドラマ「トドメの接吻(キス)」はHuluで!本編とは違う「トドメのパラレル」が見ることができます。違うアナザーストーリーが見る事ができるのは面白いですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします