オトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」あらすじネタバレとキャスト!

2018/03/27

いつまでも白い羽根

白衣の天使が眩しい…。そして、1人だけ黒い羽根を持った男。このイメージにどのような意味が込められているのか。

2018年春の「オトナの土ドラ」は新川優愛主演で「いつまでも白い羽根」が2018年4月7日よりスタートします。新川優愛さんは今回のドラマは初主演ということで、どんな演技を見せてくれるのか非常に楽しみですね。

スポンサードリンク

大人の土ドラ「いつまでも白い羽根」について

原作は藤岡陽子さんのデビュー作品

オトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」は藤岡陽子さんの小説「いつまでも白い羽根(光文社文庫刊)」が原作となった作品となっています。

家庭の事情から看護学校に入ることになった女性が主人公となった物語で、看護学校で出会った人や毎日の経験により成長を描いている内容となっています。この時間帯のドラマにしては珍しい青春モノっぽい雰囲気がありますが、主人公の女性は毎日を憂鬱に生きている少し後ろ向きな方を描いているので、どう成長をしていくのかが見所になるのでしょうか。

ちなみに、原作者である藤岡陽子さんは2009年に「いつまでも白い羽根」でデビューをした小説家さん。慈恵看護専門学校卒業生で自身も看護資格を持っているということで、自分が経験してきたことを物語にしたのかもしれませんね。

  • 原作:藤岡陽子「いつまでも白い羽根(光文社文庫刊)」
  • 脚本:小松江里子(花燃ゆ、花嫁のれん、若葉のころ…)、泉澤陽子(お迎えデス。、IQ246〜華麗なる事件簿〜、オトナ女子…)
  • 演出:阿部雄一(さくらの親子丼、やすらぎの郷…)、谷川功(プラチナエイジ 、秘書のカガミ…)

脚本は「花嫁のれん」を手掛けた方なんですね。このドラマ好きだったのにもう見ることができないのは残念。だから、「いつまでも白い羽根」に期待しよう。

登場人物とキャスト

木崎瑠美(新川優愛)

主人公で看護学生。大学入試に失敗をしたことで滑り止めだった看護学校に通うことに。人付き合いが苦手な性格で看護師にも特になりたかったわけでもなくいつ辞めようか、もう一度国立大を受験しようかと迷いながらとりあえず実習に通う日々を続けている。

主演の新川優愛さんは今回のドラマが初主演となります。今までいろんなドラマで見かけることが多かっただけに初主演というのは少し意外です。

山田千夏(伊藤沙莉)

瑠美と同じ看護学校に通っている同級生で同班。

佐伯典子(酒井美紀)

瑠美、千夏と同じ班に配属されている二児の母。

遠野藤香(さとうほなみ)

瑠美と同じ看護学校に通っている同級生で大学の法学部を卒業している経歴を持っている。13歳の時に妹を手術ミスで亡くした過去も持っており闇を抱えている。

さとうほなみさんは「ゲスの極み乙女。」の美人ドラマーほないこかの女優名ですね。すでにいくつかのドラマに女優として出演をしていますが、今回の遠野藤香役は重要な役回りとなりそうなので、ちょっと楽しみです。

日野瞬也(瀬戸利樹)

千夏の幼馴染みで千夏が想いを寄せている。

瀬戸利樹さんは「仮面ライダーエグゼイド」の 鏡飛彩 / 仮面ライダーブレイブ役を演じていた若手俳優さん。これからの活躍に期待。

菱川拓海(清原翔)

瑠美の初恋相手。瑠美達の実習病院と同じ系列病院の小児科医をしている。

清原翔さんはMEN’S NON-NOのモデルさんで最近になって俳優としても活躍しており、この方もこれからに期待の若手俳優さん。

山田健司(柳沢慎吾)

千夏の父で中華料理店店主。

木崎智子(榊原郁恵)

瑠美の母親。

番匠光太郎(加藤雅也)

瑠美や千夏の通う看護学校学園長。原作では一番最後に登場する役ですが、テレビドラマ版では最初から登場するようです。

スポンサードリンク

あらすじとネタバレ

大学入試に失敗し、看護専門学校に通うことになった主人公、木崎瑠美(新川優愛)。

看護師になりたいわけでもなく、むしろ、人づきあいの苦手な自分が看護師になれるわけがない。いつ辞めようか、もう一度国立大を受験しようかと迷いながらとりあえず実習に通う日々。

でも、様々な世代の個性的な仲間との出会いや、初恋、そして命に限りのある患者たちとの向き合いの中で、瑠美は新しい自分に気付き、やがて看護師を目指していくことに…。

常に正しいと思ったことを率直に言わずにいられない瑠美は、時に周囲と溝を作ってしまうことも。でも、不器用ながらも誠実に、勇気と信念を持ちながら仲間たちと向き合っていくことで、一歩ずつ成長していきます。

オトナとして、白い羽根のままで羽ばたく日は訪れるのでしょうか?

1話のあらすじとネタバレを書きました。

「いつまでも白い羽根」1話の感想

オトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」がスタートしました。思っていた以上に面白くて良かったです。

主人公の木崎瑠美を演じている新川優愛さんもサバサバした感じがなかなか役と合っていました。千夏に北風と呼ばれるくらい強そうな印象が強い瑠美ですが、大学受験の失敗や自分の理想と現実がかけ離れていることについて、コンプレックスを抱いている、若干ながら闇を感じるところも惹かれるポイントでもありますね。

普通は看護師教師に対して「無理をすることが何が悪いんですか?」とみんなの前で楯突くことできないですよね。曲がったことが大嫌いなんでしょうね。というか、瑠美の父親はなんで鬱で寝込んでるんだろうか(笑)本当に働けよって感じ。

■オトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」はFODで見れます!

大人の土ドラ「いつまでも白い羽根」の見どころ

見どころは白衣の天使がたくさん登場する点だと思います(笑)もともと可愛い新川優愛さんがさらに可愛く見えてしまうのがヤバイでしょう。個人的には、ほないこかことさとうほなみさんがどんな演技をしくてるのかが非常に気になるところです。

さとうほなみさんって「さくらの親子丼」にも出演していたんですね。全然気付かなかったですわ。

大人の土ドラはしっかりとしたヒューマンドラマが多いので個人的にはかなり好きなドラマ枠です。今回の「いつまでも白い羽根」にも期待しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします